「おちょやん」女優・竹井千代が復活!ラジオドラマで新たな“家族”も…22週のあらすじ

女優・竹井千代が見事復活!
女優・竹井千代が見事復活! - (C) NHK

 連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が5月3日から22週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

千代が出演を決めたラジオドラマが動き出す…「おちょやん」第106回【写真】

 「おちょやん」は、大阪・南河内の貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)が、さまざまな苦難を乗り越えながら女優の道をひたむきに駆け上がっていく姿を描く物語。5月3日からは第22週「うちの大切な家族だす」に突入する。

[PR]

 千代が出演するラジオドラマ「お父さんはお人好し」は、果物屋を営む夫婦とその12人の子どもたちが巻き起こすホームドラマ。千代と漫才師の花車当郎(塚地武雅)が夫婦役だった。初めて行われた台本の読み合わせの日、千代は集まった出演者たちに、みんながお互いに役の名前で呼び合わないかと提案。覚えやすいし、本当の家族みたいになれるからという理由だった。

 その後、ラジオドラマの放送日が決まり、鶴亀新喜劇やうどん店「岡福」などの人たちが千代の出演を新聞記事で知る。ラジオドラマは生放送で行われたが、その途中、千代が焦ってセリフを忘れてしまい、台本を2ページ丸々飛ばしてしまうというアクシデントが起こる。だが、千代と当郎の機転で、なんとか危機を脱することができた。第1回の放送は好評を博し、見事に女優・竹井千代が復活を遂げる。「お父さんはお人好し」の人気は上々で、千代は大家族のお母ちゃんとして人気者に。

 その一方、天海一平(成田凌)は思うような脚本が書けず、一人苦しんでいた。しかし、鶴亀株式会社から、劇団3周年興行を必ず成功させるように伝えられる。

 そんななか、「お父さんはお人好し」の好評を受けて、1時間の拡大版を特別番組として放送することが決定。ところが、その発表をみんなが喜んでいると、脚本家の長澤(生瀬勝久)が急病で入院することになってしまう……。

 なお、「おちょやん」の最終回は5月14日(15日は最終週の振り返り)の予定となっている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]