「おちょやん」千代の言葉に栗子が涙…22週を振り返り!

千代「うちの大切な家族だす」
千代「うちの大切な家族だす」 - (C) NHK

 現在放送中の連続テレビ小説「おちょやん」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)が22週目を迎えている。今週の見どころを振り返ってみたい(一部、あらすじに触れています)。

千代が大家族の“お母ちゃん”に【写真】

 「おちょやん」は、明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代(杉咲花)が、数々の苦難を乗り越えながら女優の道を駆け上がっていく姿を描く物語。5月3日から第22週「うちの大切な家族だす」に突入し、表舞台へと返り咲いた千代の活躍が描かれた。

[PR]

 千代が出演することを決めたラジオドラマ「お父さんはお人好し」は、果物屋を営む夫婦とその12人の子どもたちが巻き起こすドタバタを描く家族の物語。夫婦役を務める千代と漫才師の花車当郎(塚地武雅)が中心となり、家族を演じる出演者たちが集まった。初めて行われた台本の読み合わせでは、千代はお互いに役の名前で呼び合わないかと提案し、本当の大家族にように賑やかな収録が始まることになった。

 当時は生放送で行われていたラジオドラマだが、第1回の放送では千代が焦って台本を2ページ丸々飛ばしてしまうというアクシデントも。千代と当郎の機転で無事に危機を脱すると、放送は好評を博して、千代も女優として見事な復活を遂げるのだった。鶴亀新喜劇や「岡福」の人たちも千代の元気そうな様子に安堵し、千代は大家族のお母ちゃんとして人気者となった。

 そして千代は、家出をした五女・静子を家に泊めて親身に相談にのるなど、本当のお母ちゃんのように家族を支えていく。そんなあるとき、栗子(宮澤エマ)から改めて、春子(毎田暖乃)のことを「守ってやってや」と言われた千代。血の繋がりは関係ないのだと言い、「うちの大切な家族だす」ときっぱり。千代の心からの言葉に涙を我慢できない栗子の姿には、SNSを中心に視聴者からも感動の声が続々とあがった。

[PR]

 その一方で、天海一平(成田凌)は苦しんでいた。鶴亀株式会社から、劇団3周年興行を必ず成功させるように伝えられた一平は新作を書けずにおり、執筆を託そうとした寛治(前田旺志郎)に叱咤激励されるのだった。

 そんななか、大好評の「お父さんはお人好し」は1時間の拡大版が特別番組として放送されることが決定。ところが、脚本家の長澤(生瀬勝久)が急病で入院することになってしまい、最終原稿が届いたのは放送開始30分前になったとき。長澤をねぎらう千代と当郎だったが、ラジオの前の聴衆も息をのんで待つなか、放送が始まった。

 「おちょやん」の最終回は5月14日(15日は最終週の振り返り)の予定となっており、放送はあと1週を残すのみ。「大阪のお母さん」となった千代の物語は、どのような結末を迎えるのか? 最後まで目が離せない。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]