「ドラゴン桜」秀才・藤井役の鈴鹿央士って?広瀬すずがスカウトした注目株

注目の新星!鈴鹿央士
注目の新星!鈴鹿央士 - Jun Sato / WireImage / ゲッティ イメージズ

 放送中のドラマ「ドラゴン桜」(TBS系・日曜よる9時~)で、学年トップの秀才・藤井遼役を務めている鈴鹿央士に注目したい。

【写真】「ドラゴン桜」生徒役には注目の若手がズラリ!

 本作は、2005年に放送された前作ドラマの原作「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載)の15年後を描く続編。前作で低偏差値の高校から東京大学合格者を輩出した伝説の弁護士・桜木建二(阿部寛)が、元教え子で弁護士の水野直美(長澤まさみ)と共に今作で再建することになったのは、偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園。その龍海学園の生徒で、学年トップの成績を誇る藤井を演じているのが鈴鹿だ。

[PR]

 鈴鹿ふんする藤井は、その優秀さゆえに他人を見下すクセがあり、周りから浮いているという役どころ。9日放送の第3話では、桜木に「お前に東大は無理だ」と断言された藤井が、桜木率いる東大専科と、対抗する難関大コースでの勝負をもちかけるという展開が繰り広げられた。

 2000年1月11日生まれ、岡山県出身の鈴鹿は、映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の撮影にエキストラとして参加していたところ、女優の広瀬すずの目に留まってスカウトされたことを機に芸能界入りした若手注目株。映画初出演となった『蜜蜂と遠雷』(2019)では若き天才ピアニスト役で数々の新人賞に輝き、話題のドラマ「MIU404」(2020)でも物語のキーマンを演じて視線を集めた。

 「ドラゴン桜」の出演発表時には、「日曜日に『ドラゴン桜』を観て、月曜日から頑張ろうと思っていただけたらいいなと思いますし、そこに自分が携われることを幸せに感じています。世の中が大変な状況のなかで、受験生の方をはじめ、学生や社会人の皆さんを元気づけられる作品になるよう、頑張って演じていきます」と語っていた鈴鹿。劇中でのさらなる活躍に期待がかかる。(編集部・吉田唯)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]