ADVERTISEMENT

岡田准一『燃えよ剣』新公開日決定 新予告で鮮やかな剣さばき

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C)2021「燃えよ剣」製作委員会

 コロナ禍で公開が延期されていた岡田准一主演の映画『燃えよ剣』の新公開日が10月15日に決定し、併せて新予告が公開された。

【動画】『燃えよ剣』新予告

 本作は、時代小説の大家・司馬遼太郎の同名小説を、『関ヶ原』の原田眞人監督と岡田准一主演のコンビで映画化。幕府の権力を回復させ外国から日本を守る佐幕派と、天皇を中心に新政権を目指す倒幕派の対立が深まりつつあった江戸時代末期を舞台に、6年のみ存在した新選組の志士たちの歩みを追う。当初は2020年5月22日の公開を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が7都府県を対象に緊急事態宣言を発令した同年4月7日に公開延期を発表。12月には、翌2021年10月に公開することを発表していた。

ADVERTISEMENT

 新予告は、岡田演じる新選組副長・土方歳三が故郷でバラガキと呼ばれていた頃の勇ましい剣さばきからスタート。「ケンカに明け暮れ侍になる夢を見ていた」という土方。初代筆頭局長・芹沢鴨(伊藤英明)との一触即発の決闘、そして見せ場の一つである「池田屋事件」。岡田が自らキャストに殺陣の指導をしたというアクションシーンがふんだんに盛り込まれている。

 殺伐としたシーンが続く一方で、土方が運命的な出会いを果たし惹かれ合うお雪(柴咲コウ)との逢瀬の場面も。土方を兄のように慕う沖田総司(山田涼介)が、土方がお雪に密かにしたためた句「知れば迷い 知らねば迷わぬ 恋の道」を読み上げ、じゃれ合いながら組手を交わす微笑ましい場面なども見られる。

 キャストでは、土方の盟友で新選組局長の近藤勇に鈴木亮平、会津藩藩主・松平容保に尾上右近、江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜に山田裕貴、新選組副長助勤として会津まで土方に付き従った斎藤一に松下洸平が名を連ねている。(編集部・石井百合子)

映画『燃えよ剣』新予告映像(90秒)10月15日(金)公開! » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT