ADVERTISEMENT

今夜「ドラゴン桜」伝説の数学講師が16年ぶり復活!3話振り返り&4話あらすじ

「ドラゴン桜」に16年ぶりに登場する数学特別講師・柳鉄之介(品川徹)
「ドラゴン桜」に16年ぶりに登場する数学特別講師・柳鉄之介(品川徹) - (C)TBS

 今夜(16日)、阿部寛主演の日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系、毎週日曜よる9時~)第4話が放送。前シーズンで特進クラスの生徒たちを東大へ導いた一人である、伝説の数学講師が16年ぶりに登場する。

平手友梨奈、南沙良ら伝説の数学講師と対面!4話場面写真

 本作は、三田紀房の人気漫画に基づき、阿部演じる元暴走族の弁護士・桜木建二が、彼の元教え子でのちに弁護士になった水野直美(長澤まさみ)と共に、高校生たちを東大合格に導いていく学園ドラマ。第3話では、東大専科に楓(平手友梨奈)、晃一郎(加藤清史郎)、菜緒(南沙良)、楓に続いて、偏差値が学年最下位の瀬戸(高橋海人)も加わり、桜木&水野によるSNSを活用した勉強法が開始。生徒たちが水野の出す風変わりな問題の数々に戸惑うなか、理事長の久美子(江口のりこ)は理系トップの秀才・藤井(鈴鹿央士)を引き入れ、専科をつぶすべく難関大コースを新設。傲慢な藤井は東大専科のメンバーを見下し、瀬戸にいたっては「おまえが足を引っ張っている」と挑発。桜木に反発する藤井は、東大の過去問を使った「東大専科」対「難関大コース」の勝負を持ち掛け、意外な展開を見せた。一方、瀬戸は不測の事態で勝負に不参加となっていた。

ADVERTISEMENT

 4話では、2005年に放送された前シーズンに登場した品川徹演じる東大数学の鬼こと数学特別講師・柳鉄之介が16年ぶりに復活。トレードマークの竹刀を片手に、新時代の東大数学攻略法を繰り広げる。また前作では生徒と家族の問題や確執にも向き合ってきた桜木だが、4話では菜緒の母・恵子(森口瑤子)、晃一郎の母・美紀(片岡礼子)が登場する。

 瀬戸が学校を休んで3日。水野や東大専科の仲間は心配するが、桜木は勉強に集中するように告げ、ITを活用した勉強法を伝授。一方、専科に負けて難関大コースを廃止した理事長の久美子は、新たに「一流大コース」を設立。藤井を再び取り込んで専科に対抗心を燃やす。闇金からラーメン店への嫌がらせを隠そうとする瀬戸は、そんな窮状を桜木と水野に知られてしまう。そんな中、菜緒と晃一郎は東大を目指し勉強していることが母親にバレ、桜木のもとへ母親たちが抗議にやってくる。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT