CGアニメ「バイオハザード」 最新作、7月8日Netflix配信!本予告編公開

レオンとクレアを待ち受ける運命とは? 「バイオハザード:インフィニット ダークネス」
レオンとクレアを待ち受ける運命とは? 「バイオハザード:インフィニット ダークネス」 - (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 Netflixオリジナルアニメシリーズ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」の配信日が7月8日に決定した。発表に合わせて、新キャラクターが登場する本予告編も公開された。

アニメ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」本予告編

 本作は、カプコンの人気サバイバルホラーゲームをベースとしたフル3DCGアニメーション。『海猿』『MOZU』シリーズの羽住英一郎監督が初めてアニメ作品に挑戦し、シリーズ屈指の人気キャラクター、レオン・S・ケネディ(声:森川智之)とクレア・レッドフィールド(声:甲斐田裕子)が巨大な陰謀へ迫る姿を描く。

[PR]

 物語の舞台は2006年となり、ホワイトハウスにおけるゾンビ発生事件に端を発したレオンたちの捜査が、6年前の内戦国ペナムスタンで、米軍特殊部隊・マッドドッグスが遭遇した悪夢へとつながっていく。レオンと共に事件解決に挑む合衆国エージェントとして、マッドドッグスの元隊長ジェイソン、コンピューターサイエンスに長けたシェンメイ、新米エージェントのパトリックらが登場。さらに、かつてレオンが救ったアシュリーの父親で米大統領のグラハム、強硬派政治家のウィルソン国防長官、ウィルソンと意見が異なるライアン大統領補佐官など、登場人物たちの思惑が絡み合っていく。

 公開された予告編は、マッドドッグス隊が体験した悪夢のような戦場や、ホワイトハウスにおけるゾンビの襲撃、レオンを襲うネズミ型のB.O.W.(生物兵器)、さらにタイラントを思わせる人型B.O.W.など、CGアニメならではの大規模なバトルと新たな恐怖を予感させるカットが満載。音楽を手掛けるのは、これまで数々の作品で羽住監督とタッグを組んできた菅野祐悟。製作・原作監修はカプコンの小林裕幸プロデューサー、制作プロデュースはトムス・エンタテインメント、フル3DCGアニメーション制作はQuebicoが担当する。(編集部・入倉功一)

Netflixオリジナルアニメシリーズ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」は7月8日全世界独占配信(全4話)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]