広瀬すず、看護師役で苦しい瞬間も…“生と死”を扱う作品であふれ出た思い

看護師役に挑戦した広瀬すず
看護師役に挑戦した広瀬すず

 女優の広瀬すずが22日、都内で行われた映画『いのちの停車場』(公開中)の公開記念舞台あいさつに登壇し、“生と死”を扱う本作だからこそ経験した苦しみを語った。この日は、主演の吉永小百合をはじめ、松坂桃李西田敏行南野陽子柳葉敏郎みなみらんぼう泉谷しげる田中泯成島出監督、南杏子(原作)も来場した。

【画像】広瀬すず、華やかなドレスでイベント登場!

 本作は、現役医師でもある南の小説を原作に、在宅医療を行っている診療所に勤めることになった元救命救急医・白石咲和子(吉永)がさまざまな患者と向き合う姿を描く物語。広瀬は、白石が勤める「まほろば診療所」の訪問看護師・星野麻世を演じた。

[PR]

 広瀬は、コロナ禍で東京の映画館に休業要請が出されていることについて、「悔しい、待つしかない、辛抱するしかない気持ちがある」と言いつつ、「昨日公開されたことをありがたく、うれしく思っております」と喜びを明かす。続けて、「このような時期ですが、今だからこそ映画館で観てほしいなというのが素直な気持ちです」と呼びかけた。

 小児がんを患う少女・若林萌(佐々木みゆ)に寄り添うシーンでは、「いろんなことを感じながら撮影した」という広瀬。中でも、幼い娘に迫る死を受け入れられないという真に迫った芝居を披露する南野(萌の母・祐子役)の顔を見ると、「看護師として耐えなくちゃいけないような瞬間でも、それを越えてあふれ出るものがあった」そうで、「役として受け入れるのに難しいなと感じたくらい、すごく苦しかったです」と、“生と死”を扱う本作だからこそ、演じるうえでつらい思いがあったことも明かした。

 本作を通して在宅治療について学んだ広瀬は、医師の患者への寄り添い方が「(病院での治療と)こんなにも違う世界なんだ」と驚いたことも告白。そして、家族の幸せの形を作るために、「最期に(いのちを)終うとき、近くに人がいてくれると思える環境があるのはいいなぁと思いました」としみじみと語っていた。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]