兵を連れて京へ…「青天を衝け」第17回あらすじ 篤太夫、涙の帰京

篤太夫、動乱の京へ
篤太夫、動乱の京へ - (C)NHK

 大河ドラマ「青天を衝け」の第17回「篤太夫、涙の帰京」が6日よる8時からNHKで放送予定。あらすじを紹介する。

【写真】吉沢亮、実写『東京リベンジャーズ』で金髪&ロン毛!

 吉沢亮が主演を務め、「日本資本主義の父」といわれる渋沢栄一の激動の生涯を描いている本作。第17回では篤太夫(吉沢)と成一郎(高良健吾)が、二人の恩人で徳川慶喜(草なぎ剛)の側近である平岡円四郎(堤真一)の命が奪われたことを江戸で知り、衝撃を受ける。

[PR]

 一方、京では慶喜が自ら指揮を執り、御所に迫る長州藩兵と戦っていた。そこに、西郷吉之助(博多華丸)が薩摩藩兵を率いて加勢。篤太夫たちも集めた兵を引き連れて京に向かう。その道中、岡部の代官・利根(酒向芳)が現れる。

青天を衝け
(C)NHK

 さらに、水戸からは耕雲斎(津田寛治)と小四郎(藤原季節)率いる天狗党が、慶喜を頼って京を目指す。5月30日に放送された第16回「恩人暗殺」では円四郎を突然の悲劇が襲い、大きな反響を呼んだ。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]