コリン・ファース主演「ザ・ステアケース」、追加キャスト発表

オデッサ・ヤング、どんな顔を見せてくれるのか!?
オデッサ・ヤング、どんな顔を見せてくれるのか!? - Rich Fury / Getty Images

 妻を殺害した罪で有罪判決を受けた作家マイケル・ピーターソンの事件を、コリン・ファース主演でドラマ化する「ザ・ステアケース(原題) / The Staircase」に、映画『グッバイ、リチャード!』などのオデッサ・ヤングが出演することが決まったと、Deadlineが報じた。

【写真】姉を演じるソフィー・ターナー

 同作は、2001年に作家のピーターソン氏が、妻キャスリーンさんを殺害した容疑で逮捕された事件を、全8話でつづるHBO Max製作のリミテッドシリーズ・ドラマ。Netflixで配信されているドキュメンタリー「ザ・ステアケース ~階段で何が起きたのか~」や、出版されているさまざまな本をもとに構成された物語で、映画『ピアッシング』の製作を務めたアントニオ・カンポスと、テレビシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺」のマギー・コーンが、製作総指揮と脚本を務める。

[PR]

 ピーターソン氏をコリンが、キャスリーンさんをトニ・コレットが演じるほか、ジュリエット・ビノシュ(役柄未発表)らが共演。先日、「ゲーム・オブ・スローンズ」のソフィー・ターナーが、ピーターソン氏の養女の一人、マーガレット・ラトリフを演じることが発表されたばかりだ。今回新たに発表されたオデッサは、マーガレットと共に、幼くして母の友人であったピーターソン氏の養子となった、妹のマーサを演じる。

 制作開始や配信開始日などについては、まだ明かされていない。(編集部・浅野麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]