松村北斗「きのう何食べた?」劇場版で初の美容師役

劇場版「きのう何食べた?」に出演する松村北斗
劇場版「きのう何食べた?」に出演する松村北斗 - (C)2021劇場版「きのう何食べた?」製作委員会

 SixTONES松村北斗が、よしながふみの人気漫画を西島秀俊内野聖陽のダブル主演でドラマ化した「きのう何食べた?」の劇場版に出演することが9日、明らかになった。松村が演じるのは、ケンジ(内野)と同じ美容室に勤めるイケメン美容師の田渕剛。併せて公開日が11月3日に決定し、ストーリーも一部明らかに。30秒のティザー映像では、シロさん(西島)とケンジがラブラブで京都旅行に赴く様子のほか、「恋のライバル登場!?」のテロップと共に田渕の姿も見られる。

【動画】劇場版「きのう何食べた?」ティザー映像

 原作は、「大奥」などで知られるよしながふみの累計発行部数765万部(電子版含む)を突破する人気漫画。料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称シロさん)、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称ケンジ)の2LDKの同棲生活を「食」を軸に描くストーリーで、2019年4月クールにテレビ東京系列で放送された連続ドラマ版は主演の西島秀俊、内野聖陽によるキャラクターの再現度の高さが話題に。Twitterの世界トレンド1位になったほか、見逃し配信の再生数が全12話100万回再生を突破。調査開始以来、ドラマ24枠(毎週金曜24:12~放送)シリーズ平均でタイムシフト視聴率が歴代最高を記録するなど深夜ドラマ枠としては異例のヒットとなり、最終回放送後には“何食べロス”に陥る視聴者が続出した。

[PR]
ティザービジュアル

 松村演じる美容師の田渕剛(たぶち・ごう)は、誰に対してもズケズケと思ったことを言ってしまう口の悪さはあるものの、さっぱりとした性格でコミュニケーション能力が高いキャラクター。松村は、今年2月に映画『ライアー×ライアー』で主演を果たし、2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」への出演も決定している。本作では、初の美容師役に挑戦。撮影を以下のように振り返っている。

 「僕自身『お芝居を頑張りたい、上手くなりたい』という思いが、逆に自分をがんじがらめにしてしまっていて、家で台本をすごく読み込んで練習して、自分の中で正解を作りすぎて動けなくなっているということを、内野さんに、的確に見抜かれて……。その後控室でその考えをなくすようなトレーニングを一緒にやって頂いて、そこから台本の読み方だったり、家でやる役作りが変わりました。この出会いは、この先僕がお芝居を続けるにおいて、すごく大切な出会いだったと感じています」

[PR]

 劇場版では、ある日、史朗の提案により賢二の誕生日プレゼントとして「京都旅行」に行くことに。賢二は夢のような出来事に大はしゃぎし、満喫するも、旅行中に史朗からショックな話を切り出される。そしてこの京都旅行をきっかけに、二人はお互いに心の内を明かすことができなくなってしまう。そんななか、史朗が残業を終え商店街を歩いていると、偶然、賢二が見知らぬ若いイケメンの青年(松村)と並んで歩く様子を目撃し、胸がざわざわ。一方、史朗は小日向大策(山本耕史)から井上航(磯村勇斗)が居なくなったと相談を受ける。

 劇場版では、小日向大策役の山本、小日向の恋人・ジルベールこと井上航役の磯村のほか、マキタスポーツ田中美佐子(友情出演)、田山涼成梶芽衣子らドラマ版のキャストが再集結。監督の中江和仁(『嘘を愛する女』など)と脚本・安達奈緒子(連続テレビ小説「おかえりモネ」など)のタッグも続投する。

 新キャストの松村、瀬戸麻理子プロデューサーのコメント全文は下記の通り。(編集部・石井百合子)

劇場版「きのう何食べた?」は11月3日より全国東宝系にて公開

松村北斗(田渕剛役)

 元々ドラマを見ていたので「どこに入る隙があるんだ!?」というのが第一印象でした。ドラマの時にメインのキャラクターは出揃っていて、チーム感もすごく感じていたので、正直戸惑いもあり、緊張が走ったのを覚えています。田渕のような人って、いそうだけど実はいない人だなと思っていて、田渕のようになりたい人、知り合いたいと思う人がたくさんいるような、とても魅力的なキャラクターだと感じました。原作ですでに知ってくださっている方には、僕の性格を汲むと到底結びつくような役柄ではないと思いつつ、実は、僕自身、自分の芝居に対する考え方や壁も含めて、大事なものが詰まっているのが田渕をやらせていただいた期間です。内野聖陽さんとの共演もとても刺激的でした。僕自身「お芝居を頑張りたい、上手くなりたい」という思いが、逆に自分をがんじがらめにしてしまっていて、家で台本をすごく読み込んで練習して、自分の中で正解を作りすぎて動けなくなっているということを、内野さんに、的確に見抜かれて...。その後控室でその考えをなくすようなトレーニングを一緒にやって頂いて、そこから台本の読み方だったり、家でやる役作りが変わりました。この出会いは、この先僕がお芝居を続けるにおいて、すごく大切な出会いだったと感じています。田渕という役をやれた期間は、自分にとってものすごく大事なので、1ミリでも、僕が田渕をやったということがこの作品に良く作用するといいなと願うばかりです。

瀬戸麻理子(プロデューサー)

 田渕くんという原作の人気キャラクターは、絶対に「ここぞ!」という場面で登場させたい、と連ドラのときからよしなが先生や脚本の安達さんにも相談していました。松村北斗さんはここ数年で一番気になっていた若手の役者さんで、その透明感と唯一無二の存在感が田渕くんにぴったりだと思い、オファーしました。“ゴシップ好きで誰に対しても思ったことを素直に言ってしまうけれど、何故か嫌われない”という難しい役柄なのですが、松村さんはしっかり期待に応えてくれました。現場では内野さんと待ち時間も熱心に演技について語り合っていたのが印象的でした。そんな松村さん演じる田渕くんのお披露目の瞬間がいよいよやってきました!『何食べ』ファミリーの秘密兵器にご期待ください!

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]