「ドラゴン桜」最終回に元祖キャスト続々!視聴者騒然「胸アツ」「最強」「衝撃」

「ドラゴン桜」制作発表会見より桜木の教え子・水野役を続投する長澤まさみ
「ドラゴン桜」制作発表会見より桜木の教え子・水野役を続投する長澤まさみ

 27日、最終回を迎えた阿部寛主演のドラマ「ドラゴン桜」(TBS系・日曜よる9時~)に、2005年に放送された前シリーズの特進クラスのメンバーがサプライズ登場し、視聴者を大いに沸かせた。放送後、「ガッキー」「藤井くん」「瀬戸くん」「桜木先生」「山Pの声」「小池徹平」「早瀬さん」など複数のワードがTwitterトレンド入りした(※ネタバレあり。最終回の詳細に触れています)

【写真】10年前の阿部寛&ガッキー

 本作は、2005年に放送され大ヒットした学園ドラマの続編。2018年から漫画雑誌「モーニング」で連載中の三田紀房の「ドラゴン桜2」を原作に、かつて偏差値30の龍山高校から東大合格者を出し、奇跡の学校再建を成し遂げた元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部)が、かつての教え子で今は弁護士となった水野(長澤まさみ)と共に、今の時代に合わせてアップデートした型破りな勉強法“桜木メソッド”で生徒たちを東大合格に導いていくさまが描かれた。

[PR]

 最終回では、高橋海人King & Prince)、南沙良平手友梨奈加藤清史郎鈴鹿央士志田彩良細田佳央太ら東大専科のメンバーが、2次試験に向けてラストスパートに突入。やがて訪れた合否発表、そしてまさかの裏切り者だった教頭の高原(及川光博)らによる学園買収の顛末が描かれた。

 本シリーズの人気の一つが、生徒役キャストの顔ぶれ。前シリーズでは特進クラスの面々として山下智久、長澤まさみ、中尾明慶、小池徹平、新垣結衣紗栄子らが出演。その中で長澤が新シリーズで水野役を続投。初回では小林麻紀役の紗栄子が「東大出身の人気タレント」としてサプライズ出演し、話題を呼んだ。

 前話の予告でも元祖キャストの出演がほのめかされていたが、第1弾として現れたのが中尾明慶(奥野一郎役)、小池徹平(緒方英喜役)、紗栄子の3人。そして終盤、学園買収の逆転劇に一役かった影の協力者として、矢島勇介役の山下智久が声のみの出演。最後の最後に、もう一人の協力者として、香坂よしの役の新垣結衣が桜木と水野の前に現れた。

 とりわけ、水野と香坂の16年ぶりの対面には「キターーーーー!」と騒然。前シリーズでは香坂はコギャルで矢島の彼女の設定。しかし、矢島は家庭環境が複雑な水野を何かと気にかけることから、香坂は水野をライバル視していた。そんな歴史ありな2人の再会に「胸アツ」「最強」「衝撃」と沸く視聴者が続出した。

[PR]

 東大専科の合否、学園買収を巡るまさかの展開、元祖キャストの登場などサプライズ続きの最終回だったが、とりわけ視聴者の心をつかんでいたのが東大専科メンバーの成長ぶり。なかでも、学年トップの成績を誇る藤井(鈴鹿央士)。もとは優秀ゆえに他人を見下す傲慢な性格で、力の弱い健太(細田佳央太)を攻撃。その難ありな性格に、桜木は「お前に東大は無理だ」と言い放っていたが、最終回では試験当日に健太のピンチを身を挺して救う展開が。その勇姿に「感涙」「最高にカッコよかった」「一番感動したのが藤井くんの成長ぶりだった」「イケメン過ぎて泣いた」と感動の声が相次いだ。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]