ADVERTISEMENT

『100日間生きたワニ』キャストらがキャラ作り秘話を明かす、新たな場面写真も

新たに公開された場面写真より、ワニの声は神木隆之介が担当
新たに公開された場面写真より、ワニの声は神木隆之介が担当 - (C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

 社会現象を巻き起こした4コマ漫画をアニメーション映画化した『100日間生きたワニ』(7月9日公開)から、主要キャストによるキャラクター作りの秘話と、新たな場面写真が公開された。

【写真ギャラリー】『100日間生きたワニ』場面写真

 本作は、2019年12月12日から2020年3月20日まで、原作者きくちゆうきが100日間にわたってTwitterに投稿した、ワニの何気ない日常をつづる4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」を映画化。100日間のワニの日常と、100日後、大切なものを失った仲間たちの姿を描く。主人公ワニの声を神木隆之介が担当するほか、ワニの親友ネズミ役を中村倫也、モグラ役を木村昴が務める。監督・脚本は、ヒット作『カメラを止めるな!』の上田慎一郎と、その妻でアニメーション監督としても活躍するふくだみゆき

ADVERTISEMENT

 上田、ふくだの両監督から、ワニ役候補として一番に名前が挙がったという神木は、自身が演じるワニについて「純粋で素直で人懐っこい奴で、テンションが高いところは高く、子どもっぽくはしゃいでみたりする場面がいっぱいありました」と解説。ワニは周りを惹きつける魅力的なキャラクターであるとアフレコ前に監督から説明を受けたという。

 一方、親友ネズミの声を担当する中村は、ネズミの性格について「クールな感じもあるんですけど、このメンツでいるとお調子者になる」と話し、同じく親友のモグラの声を担当する木村は、「ちょっとぶっきらぼうで、この中で一番やんちゃなキャラクターだよ、というご説明をいただいた」とそれぞれ監督からの指示でキャラクターを作っていったことを明かした。

 入院中のネズミの見舞いに訪れるワニや、ネズミとみかんを食べるワニ、公園で大好きなバスケットボールを持ち、ネズミやモグラと話している様子など、新たに公開された全6枚の場面写真とあわせて想像すると、よりイメージを膨らませることができるかもしれない。(高橋理久)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT