カンヌ映画祭が開幕!ジョディ・フォスターらが宣言

第74回カンヌ国際映画祭

開幕を宣言したペドロ・アルモドバル、ジョディ・フォスター、ポン・ジュノ、スパイク・リー
開幕を宣言したペドロ・アルモドバル、ジョディ・フォスター、ポン・ジュノ、スパイク・リー - Stephane Cardinale - Corbis/Corbis via Getty Images

 現地時間6日、第74回カンヌ国際映画祭が開幕した。オープニングセレモニーでは女優・監督のジョディ・フォスター、今年の審査員長を務めるスパイク・リー監督(共にアメリカ)、スペイン人監督ペドロ・アルモドバル、前回のカンヌで最高賞パルムドールを受賞した韓国人監督ポン・ジュノが開幕を宣言した。

【画像】日本からは西島秀俊主演作が出品

 新型コロナウイルスの世界的な流行により、2020年のカンヌ映画祭は中止に。今年は通常の5月開催から7月開催へと延期し、対面での開催に踏み切った。

[PR]
カンヌ国際映画祭
人でごった返しているオープニングセレモニー前のレッドカーペット - Andreas Rentz / Getty Images

 ジョディは「パンデミックによるロックダウンの期間、映画はわたしの命綱でした。わたしは今後、映画に対する感嘆と感謝の念を失うことはないでしょう」とコメント。アルモドバル監督から名誉パルムドール賞を授与されると、感極まった表情を見せた。セレモニー後には、コンペティション部門のオープニング作品に選ばれたレオス・カラックス監督のミュージカル映画『アネット(原題) / Annette』が上映。カラックス監督とメインキャストのアダム・ドライヴァーマリオン・コティヤールらも立ち会った。

 第74回カンヌ国際映画祭は、現地時間17日まで開催。審査員団はコンペティション部門の全24作を鑑賞し、最終日に最高賞のパルムドールなど各賞を発表する。今年のコンペティション部門には、日本からも村上春樹の短編小説を西島秀俊主演で映画化した『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介監督)が選出されている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]