ADVERTISEMENT

『ハニレモ』ラウールの自然な演技を引き出した、ヒロイン役・吉川愛の魅力!

吉川愛
吉川愛

 Snow Manラウールが主演を務める映画『ハニーレモンソーダ』(公開中)の石田聡子プロデューサーが、ヒロインの石森羽花を演じる吉川愛の魅力を語った。

吉川愛の金髪ギャル姿!【写真】

 雑誌「りぼん」(集英社)で連載中の村田真優による同名人気少女コミックが原作の本作は、内気な性格の羽花(吉川)と髪をレモン色に染めた人気者の同級生・界(ラウール)が惹かれ合っていく青春ラブストーリー。中学でいじめられていた羽花が、自分の殻を破ろうとする姿も描かれる。

ADVERTISEMENT

 石田プロデューサーは、子役から活動し、現在も第一線で活躍する羽花役の吉川について、「若いころから培ってきた引き出しの多さと、その表現力を絶妙な匙加減で自由自在に操ることができるところが本当に素晴らしいです。すべてにおいて説得力のある自然な演技に脱帽です」とベタ褒め。

 「同世代の女優さんのなかでも、本当に演技がうまく、そして子役時代を含めて、あらゆるタイプの役を演じてこられている経験値の高さ、ということが、作品にとって安心材料としっかりとした土台になると思いました」と起用理由を明かし、「実際、初の映画単独主演を務められたラウールさんにとっても吉川さんの存在は大きな刺激になったと思いますし、彼の自然な演技をたくさん引き出してくれたと感じています」と自信をのぞかせる。

 撮影では、吉川は普段の声のトーンや佇まいとまったく違う“羽花”として存在していたそうで、「ただでさえキラキラしてしまう女優さんたちが普通だったり地味な役を演じるのは、とても難しいのではないかと思います。吉川さんは、その絶妙な具合をとてもうまく表現してくださっていたのは、さすが! の一言でした。大きな動き、というより、ちょっとした目線の動きだったり、ふとした表情や立ち姿だったりに、“羽花らしさ”というところを込めてくださって、それによって羽花というキャラクターを非常にリアルに感じることができたと思います。とにかく共感できて、応援したくなる羽花の姿は、吉川さんだったからこそ」と絶賛する。

ADVERTISEMENT

 そんな吉川と主演のラウールは、「実は、かなりの人見知りな性格」だと明かす。「特にラウールさんは、二人の顔合わせの時には、なかなか目線が合わないぐらい緊張していたようでしたが、撮影がはじまるとしっかりと界と羽花に切り替わる姿が頼もしかったです」と振り返る。

 また、羽花たちの同級生役で堀田真由濱田龍臣坂東龍汰岡本夏美と注目の若手俳優たちが出演。原作者の村田が撮影現場に来た際には、メインキャストたちに会い、「本当に全員ぴったり! イメージ通り!」とお墨付きをもらい、その言葉に全員で喜んだという。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT