ウェス・アンダーソン最新作、カンヌで豪華キャスト勢ぞろい!約9分のスタンディングオベーション

第74回カンヌ国際映画祭

豪華キャスト勢ぞろい
豪華キャスト勢ぞろい

 フランスで開催中の第74回カンヌ国際映画祭で、コンペティション部門に出品されているウェス・アンダーソン監督の最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(2022年日本公開)が公式上映され、レッドカーペットにアンダーソン監督をはじめベニチオ・デル・トロエイドリアン・ブロディティルダ・スウィントンティモシー・シャラメなど豪華キャストが勢ぞろいした。

【写真】豪華キャストがカンヌに登場

 本作は20世紀フランスの架空の街にある米国新聞社の支局で活躍する、一癖も二癖もある才能豊かな編集者たちの物語。ストーリーは三部構成で展開し、画面のあちこちにアンダーソン監督らしいユニークな演出が散りばめられている。出演はベニチオ・デル・トロ、フランシス・マクドーマンドジェフリー・ライト、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、ティモシー・シャラメ、レア・セドゥオーウェン・ウィルソンマチュー・アマルリックビル・マーレイエリザベス・モスシアーシャ・ローナンリーヴ・シュレイバーエドワード・ノートンジェイソン・シュワルツマンら。アンダーソン監督作ならではの豪華キャストの共演が実現した。

[PR]

 カンヌのレッドカーペットには、アンダーソン監督、デル・トロ、ブロディ、スウィントン、シャラメ、マーレイ、ウィルソン、アマルリック、リナ・クードリスティーヴン・パーク、音楽を担当したアレクサンドル・デスプラが登場。スチールからはフラッシュの嵐が巻き起こり、ファンからは黄色い歓声が飛び交った。シャラメやウィルソンらは、サインやセルフィーといったファンからの要望に応える姿も。アンダーソン監督は自らのスマホを持ち出し、全員で記念撮影をするなど、アットホームな雰囲気に包まれた。

ティモシー・シャラメも満面の笑み

 その後行われた公式上映は、瞬く間に満員御礼に。上映後は約9分間ものスタンディングオベーションが起き、各方面で大絶賛された。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]