ADVERTISEMENT

WOWOW「映画工房」放送500回!斎藤工&板谷由夏のオススメ映画は?

「映画工房」MCの板谷由夏、斎藤工
「映画工房」MCの板谷由夏、斎藤工

 WOWOWの映画情報番組「映画工房」が、7月30日(金曜、夜9時~)の放送・配信回で記念すべき500回を迎える。放送に先行して今回、司会を務める斎藤工板谷由夏、映画解説者の中井圭が選んだ、オススメ映画が公開された。

【画像】オススメ映画など

 「映画工房」はWOWOWならではの映画の楽しみ方を伝えてきた情報番組。映画を愛する斎藤と板谷がMCを務め、映画解説者の中井と共に10年に渡って放送され支持を得てきた番組だ。

ADVERTISEMENT

 500回を迎える30日の放送・配信では、10年前の初回放送からこれまでの貴重な名場面・珍場面をプレイバック。また、これまで番組で紹介した1,118本以上の映画の中から斎藤、板谷、中井がそれぞれ選んだオススメ映画と、3人が今改めて観たいと思った邦画1作品を紹介する。

 このたび、その作品が先行公開された。斎藤が選んだのは、ささいな隣人トラブルが思いがけない展開を招くサスペンス『隣の影』。板谷はモノクロの映像で描く人間ドラマ『フランシス・ハ』、中井は新感覚ハートフル・コメディー『ハロー!?ゴースト』をチョイス。3人はそれぞれ「落ちがスタンディングオベーションもの。勘違いが何を起こすのか。そして、人間の業にまみれた歴史をさらっと描いた作品なので、是非この時代にご覧いただきたい」(斎藤)、「主演のグレタ・ガーウィグがたまらなく素敵。彼女が20代の終わりという、女性にとってなぜか苦しい時期をポジティブに表現しているところが素晴らしい」(板谷)、「普段はそう簡単には出会わない韓国映画。『映画工房』を信用して、是非最後まで見ていただきたい!」(中井)とコメント。作品を選んだ理由など、3人の熱い思いの全貌は30日の放送・配信で明らかになる。

ADVERTISEMENT

 そして、3人が今改めて観たいと思った邦画は『きみはいい子』。斎藤は「抱きしめたい・抱きしめられたいというコミュニケーションがすごく大切だと感じた。その意味を確認出来る作品だと思う」と解説している。これらの4作品は「映画工房500回記念!出演者オススメ映画特集」として、8月10日から放送・配信される。また、500回を記念したサイン入り番組グッズのプレゼント企画も加入者を対象に実施中。詳細はWOWOWの「プラスW」サイトで確認できる。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT