ADVERTISEMENT

土屋太鳳ら声優参加『アイの歌声を聴かせて』本予告!謎の美少女の正体も明らかに

映画『アイの歌声を聴かせて』予告編①|10.29 ROADSHOW » 動画の詳細

 土屋太鳳福原遥工藤阿須加が声優参加するアニメーション映画『アイの歌声を聴かせて』の本予告が公開。あわせて公開日が10月29日に決定したことも発表された。

土屋太鳳の歌声も!『アイの歌声を聴かせて』本予告【動画】

 本作は、『イヴの時間』シリーズや『サカサマのパテマ』などの吉浦康裕が監督・原作・脚本を務めるアニメーション映画。学業優秀でスポーツ万能、何かと言えばミュージカル調で歌い出す主人公が、転校先の学校で周りの人たちを幸せにしていく姿を描く。声優として土屋、福原、工藤のほかに小松未可子興津和幸日野聡が参加する。今回、新たに大原さやか浜田賢二津田健次郎カズレーザーメイプル超合金)、咲妃みゆも声優出演することが発表された。

ADVERTISEMENT

 今回解禁された本予告では、変わり者のシオンが試験中のAIであることが判明。ひとりぼっちのサトミのためにやってきたというシオンは、少しポンコツだが明るく天真爛漫で、サトミを始めとするクラスメートたちはあっという間に「幸せ」を感じ始める。しかし、あるとき、シオンを開発した会社によってシオンは回収されてしまい、サトミたちはもう一度シオンに会うために奮闘する。

 シオンに声をあてる土屋は「シオンは、AIと呼ばれる『脳』を持っています。でもその脳は機械で出来ているので、AIの反応と「心」は別だと思われがちです。でも……本当に機械に心はないのでしょうか? その疑問は、実は私が子どもの頃から感じてきた疑問でもあったので、その思いを切り口に、シオンの心を演じました。『人間に近くなれても決して人間にはなれない』という切なさや、『人間に近くなればなるほど恐れられてしまう』悲しさ。それを突き詰めると、この物語は『AIと人間の友情』を通して、『立場が違う者同士の友情』を描いているようにも感じます」と語る。

 さらに「これからの未来はいろいろなことが進化して、現実世界は狭くなり、仮想世界がいくつも生まれたりするのかなと思いますが、同時に何かが歪んだり、傷ついたり、急激な変化の中で見失ってしまうものがあるかもしれません。『アイの歌声を聴かせて』は、そんな少し先の未来を予感させる物語ですが、『愛情とは何か』という普遍的なテーマが描かれていますので、時代や文化を越えた説得力があると思います。古今東西、老若男女、すべての人に観ていただきたいです! そしてどうか、シオンの夢が叶う一瞬を、シオンと一緒に願っていただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT