ADVERTISEMENT

鈴鹿央士、監督からの激励の手紙に「幸せで胸がいっぱいです」

鈴鹿央士
鈴鹿央士

 俳優の鈴鹿央士が17日、キネカ大森で行われた主演映画『星空のむこうの国』の公開記念舞台あいさつに出席。監督を務めた小中和哉から激励の手紙をもらった鈴鹿は「幸せで胸がいっぱいです」と感無量な表情を浮かべた。舞台あいさつには鈴鹿と小中監督のほか、秋田汐梨佐藤友祐lol)、有森也実も出席した。

鈴鹿央士、秋田汐梨、佐藤友祐ら登壇!舞台あいさつの様子【写真】

 本作は、1986年に小中監督が発表した同名長編映画を35年ぶりにセルフリメイクしたラブロマンス。2か月間もの間、ずっと夢に出てきた少女・理沙(秋田)と現実で対面した昭雄(鈴鹿)が、時空を超えた恋模様を繰り広げる姿を描く。

ADVERTISEMENT

 単独初主演映画となる本作について鈴鹿は「日をまたいでの撮影や、グリーンバックでの撮影など、初めての経験が多くありました」と撮影を振り返り、秋田や佐藤ら同世代の共演者と力を合わせて大役をまっとうしたという。そんな鈴鹿のことを佐藤は「とにかく央士くんが可愛いんです」と笑顔を見せ、秋田も自身の舞台の仕事に不安を抱いているときに鈴鹿から力強い言葉をもらって「自信が湧いてきました」と明かし、それぞれの仲良しエピソードを披露した。

 この日は、異なる世界線が交わる物語にちなんで「どんな世界線に行ってみたい?」という質問も。鈴鹿は「バブル時代に行ってみたいです。いま世界中が淀んでしまっている気がするのですが、バブルのときってみんな前を向いて、キラキラしているイメージがあるので……」と回答。佐藤も「それはいいね」と同意していた。

 また、35年ぶりのリメイクということで、35年後の自分について質問された鈴鹿は「56歳ですか……」と悩ましい顔を浮かべつつ「ちょうど僕の父親の年齢なので、いい父親になっていたいです。あとは、僕は3歳から顔が変わっていないと言われているので、もし35年後もこの顔だったら……もうちょっと大人の渋さを出していたい」と語った。

ADVERTISEMENT

 そんな鈴鹿について「すごく戸惑ったと思います」と難役だったことをねぎらった小中監督。手紙を通して「しっかり役に向き合って心で演じてくれたからこそ、素敵な昭雄になりました。これからも鈴鹿くんのユニークな個性を大切に頑張ってください」と激励を送った。監督の言葉をしみじみと聞いていた鈴鹿は「幸せで胸がいっぱいです。いいですね、お手紙って」と感無量な表情を浮かべた。(磯部正和)

映画『星空のむこうの国』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT