『竜とそばかすの姫』3週連続首位!『クレヨンしんちゃん』2位の好スタート

映画週末興行成績

映画『竜とそばかすの姫』より
映画『竜とそばかすの姫』より - (C) 2021 スタジオ地図

 7月31日~8月1日、土日2日間の全国映画動員ランキングが2日、興行通信社より発表され、細田守監督のアニメーション映画『竜とそばかすの姫』が3週連続首位に。コロナ禍で公開延期となっていた「クレヨンしんちゃん」劇場版最新作など、新作5本がランクインした。

【写真】『竜とそばかすの姫』ベルの衣装は8種類!

 『サマーウォーズ』『未来のミライ』などの細田守監督が、50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>をメイン舞台に描く『竜とそばかすの姫』は土日2日間で動員28万4,000人、興行収入3億6,500万円をあげ、3週連続の首位をキープ。累計では動員236万人、興収33億円を突破している。主人公の声を担当するミュージシャン、中村佳穂の歌唱シーンなど音楽も話題を呼び、millennium parade × Belle(中村佳穂)のメインテーマ「U」など劇中歌が iTunes、Billboard JAPAN などのチャートを席巻している。公開から4週目を迎えた『東京リベンジャーズ』は土日2日間で動員17万6,000人、興収2億1,600万円をあげ3位にランクイン。累計では動員207万人、興収27億円を突破した。

[PR]

 初登場作品として5本がランクイン。2位の『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』は、臼井儀人のコミックを原作にしたアニメの劇場版シリーズ第29弾。コロナ禍でGWから公開延期となっていたが、土日2日間で動員21万1,000人、興収2億3,900万円、3日間での累計では動員27万人、興収3億円を突破する好スタートを切った。

 4位の『ジャングル・クルーズ』はディズニーランドのアトラクションを題材にした冒険スペクタクル。キャストに『ワイルド・スピード』シリーズのドウェイン・ジョンソン、『メリー・ポピンズ リターンズ』のエミリー・ブラントら。『ロスト・バケーション』などのジャウマ・コレット=セラがメガホンをとった。土日2日間で動員11万2,000人、興収1億5,300万円を記録している。

 そのほか、ゲーム「Fate / Grand Order」第1部のクライマックスにあたる最終決戦を映像化したアニメーション『Fate / Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』が5位、最優秀作品賞を含むトニー賞4冠とグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞に輝いたブロードウェイ・ミュージカルを映画化した『イン・ザ・ハイツ』が6位、三森すずこSnow Man佐久間大介らがボイスキャストを務めた中国・アメリカ合作のフル3DCGアニメ『白蛇:縁起』が10位に初登場。

[PR]

 今週は山田洋次監督、沢田研二菅田将暉ダブル主演による『キネマの神様』、柳楽優弥×有村架純×三浦春馬さん共演の『映画 太陽の子』、堀越耕平の人気コミックが原作のアニメシリーズ劇場版3弾『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』、人気カーアクションシリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』などが公開される。(編集部・石井百合子)

【2021年7月31日~8月1日日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『竜とそばかすの姫』:3週目
2(初)『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』:1週目
3(2)『東京リベンジャーズ』:4週目
4(初)『ジャングル・クルーズ』:1週目
5(初) 『Fate / Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』:1週目
6(初)『イン・ザ・ハイツ』:1週目
7(4)『ハニーレモンソーダ』:4週目
8(3)『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』:2週目
9(5)『ゴジラvsコング』:5週目
10(初)『白蛇:縁起』:1週目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]