ADVERTISEMENT

伊藤万理華が主演!『少女邂逅』枝優花監督の短編映画が9月にレイトショー公開

(左から)枝優花監督、伊藤万理華、Karin.
(左から)枝優花監督、伊藤万理華、Karin. - (C) 2021 FAITH MUSIC ENTERTAINMENT INC. UNIVERSAL MUSIC LLC

 元乃木坂46伊藤万理華を主演に迎え、『少女邂逅』の枝優花監督がメガホンを取った短編映画『息をするように』が、9月18日より東京・ユーロスペースにてレイトショー公開されることが明らかになった。

『息をするように』本予告編

 本作は、シンガー・ソングライターのKarin.の楽曲にインスパイアされた青春物語。アイデンティティーも性自認も定かでない思春期のアキ(伊藤)が、転校先で出会ったキイタ(小野寺晃良)と過ごすことで、心の奥に溜まっていたものを前向きに受け入れていく姿を描き出す。主題歌はKarin.の「過去と未来の間」。今回の上映発表にあわせて、本予告編も公開された。

ADVERTISEMENT

 主演の伊藤は「まさか映画館で上映になるとは思いもしませんでした」と切り出すと、「枝さんの言葉にできない淡い世界とKarin.さんの実直で優しい歌声を大画面でぜひ触れてほしいです。この撮影を通して、自分は、誰しも、誰かとの替えがきかない特別な存在なんだ、と救われました。お二人に出逢えて良かったです」とコメント。

 枝監督も「まさかこのような形で劇場で流していただけること、とても嬉しく思います。この作品はもともとKarin.さんの楽曲からインスピレーションを得て、短編映画とミュージックビデオのセットという形で製作しました。そこから沢山の人たちのおかげで、1本の短編映画として生まれ変わりました。感謝です」と喜びと感謝を語る。

 さらに、枝監督は「わかりやすいものが急速に手に入りやすい時代になりましたが、それでもきっと、ずっとわからないものは存在していて、それは究極のところ自分自身なのではないかと思います。それは可笑しくも苦しいことですが、だからこそ生きているのだと思います。そう信じている私を救いたくて作りました。そして、どうかこの作品がどこかの誰かに届くといいなと思ってもいます」と作品に込めた思いを明かした。(須田璃々)

短編映画『息をするように』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT