『スペース・プレイヤーズ』バットマンをオマージュした本編映像が公開

もちろん、バッグス・バニーがバットマン!
もちろん、バッグス・バニーがバットマン! - (C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 NBA史上最強のプレイヤーと名高いレブロン・ジェームズが主演し、ワーナー・ブラザース歴代作品のオマージュが数多く登場する映画『スペース・プレイヤーズ』(8月27日公開)から、バットマンをオマージュした本編映像が公開された。

『スペース・プレイヤーズ』本編映像(バットマン編)

 本作は、バッグス・バニーと“バスケの神様”マイケル・ジョーダンが共演した『SPACE JAM/スペース・ジャム』のリブート作。バスケットボール界の“キング”の異名を持つ天才バスケットボール選手レブロンと、ゲーム開発の夢をもつ息子ドンが、映画会社ワーナー・ブラザースの AI スーパーサーバーの世界に迷い込み、人気キャラクターたちとeスポーツバトルを繰り広げる。『ホテル・ルワンダ』などのドン・チードルらが共演し、『ナイトスクール』などのマルコム・D・リーが監督を務める。

[PR]

 公開された本編映像は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を彷彿とさせるスーパーマンの故郷“メトロポリス”を舞台に、バッグス・バニーがバットマンに、アニメーションの世界に入り込んだレブロンがバットマンの相棒ロビンにふんし、無限に広がるバーチャル・ワールドの一つ“DC ワールド”を堪能するというシーン。バッグス・バニーはバットマンである自らが暴走列車を助けに行くのだと、うさぎの形をしたバットマンの愛用車バットモービルから、ロビンことレブロンを連れて、勢いよく飛び立っていくという内容になっている。

スペース・プレイヤーズ
(C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 レブロンは、昔から大好きだったというルーニー・テューンズとの共演を叶えたことについて「この映画はバスケットボールと不滅のアニメーション、キャラクターおなじみのギャグが満載なんだ。みんなが笑顔になれるし、一緒に笑える。それはヒット作のレシピそのものなんじゃないかな」と語る。また、バットマンをはじめ、ワンダーウーマン、マトリックス、マッドマックスとオマージュが続いていく本作については「観客は度肝を抜かれると思うけど、できれば世界中の人たちがこの特急列車に飛び乗って楽しんでほしい」とコメントを寄せた。(高橋理久)

『スペース・プレイヤーズ』本編映像(バットマン編) » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]