ADVERTISEMENT

12人が作る12本の映画『DIVOC-12』10.1に公開決定、予告編&主題歌も

『DIVOC-12』予告編 » 動画の詳細

 12人の映画監督と12本の短編からなる映画『DIVOC-12』(読み方:ディボック-トゥエルブ)の公開日が10月1日に決定し、あわせて予告編と主題歌も公開された。

『DIVOC-12』予告編

 『DIVOC-12』はソニー・ピクチャーズ エンタテインメントによる、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優の継続的な創作活動を支援する映画製作プロジェクト。『新聞記者』の藤井道人監督、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督、『幼な子われらに生まれ』の三島有紀子監督の3名がプロジェクトの中核となって映画制作を牽引していくほか、一般公募より選ばれた新人監督を含む総勢12名で映画を制作していく。

ADVERTISEMENT

 主題歌は、「春を告げる」がSNSをきっかけに爆発的な人気を博したyamaによる新曲「希望論」に決定した。yamaは「この曲に込めた思いは『この歌だけ僕の本当だ』と歌にある通りです。正解か不正解かは問題ではなく自分だからこそ見える景色を作品として残し続けること。それが自身の存在証明であり真実です。『希望論』という曲が皆さんに少しでも伝われば嬉しいです」とコメントを寄せた。

 公開された予告編には、主演の一人である横浜流星が「忘れないよ、忘れない」と切なげにつぶやくシーンから始まり、松本穂香小関裕太富司純子藤原季節らが映るシーンが次々と映し出される。松本の「今はここまで」というセリフと「お楽しみはこれからだ!」というコピーで締めくくられ、本編を期待させる仕上がりとなっている。(今井優)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT