ADVERTISEMENT

松下洸平『燃えよ剣』で芽生えた岡田准一との師弟愛

「もう本当に大好きです!」と岡田准一愛をたぎらせていた松下洸平
「もう本当に大好きです!」と岡田准一愛をたぎらせていた松下洸平

 岡田准一が新選組副長・土方歳三を演じる映画『燃えよ剣』(10月15日公開)で、その腹心・斎藤一役に抜てきされた俳優の松下洸平。共演した岡田について、もはや「本物の侍」と舌を巻く松下が、現場で感じた岡田の凄み、そして演技、殺陣を通して芽生えた“師弟愛”について熱く語った。

松下洸平が新選組・斎藤一に!【写真】

 本作は、司馬遼太郎のベストセラー小説を、『関ヶ原』(2017)の岡田と原田眞人監督が再びタッグを組んで映画化した時代劇。岡田、松下のほか、新選組局長・近藤勇を鈴木亮平、一番隊組長・沖田総司を山田涼介、初代筆頭局長・芹沢鴨を伊藤英明、そして土方が思いを寄せる女性・お雪を柴咲コウがそれぞれ演じ、幕末を駆け抜けた志士たちの生きざまを活写する。

ADVERTISEMENT

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」で、戸田恵梨香演じるヒロイン・喜美子の伴侶となる八郎を好演し、大ブレイクを果たした松下。舞台で培われた確かな演技力で、朝ドラに新風を吹き込んだ彼が、今度は初の本格時代劇で新たな魅力を開花させた。役柄は土方に仕える幕末の武士・斎藤一だ。「将来性を感じさせる、(斎藤と同じ)左利きの若手俳優を使いたい」という原田監督の条件にピタリとハマった松下は、ワークショップを経て正式にオファーを受けるが、「時代劇の殺陣や所作など、全てが初体験。岡田さんが土方役で参加していなかったら、斎藤は絶対に演じ切れなかった」と感謝を口にする。

松下洸平

 特に殺陣のシーンは、“斎藤一”というキャラクターを作っていく上で、とても重要なファクターであり、土方との関係性を描く上でもウエイトが大きい。そんななか、今回、殺陣のディレクターとしてもクレジットに名を連ねる岡田が、初心者の松下をつきっきりで指導した。「まず、岡田さんから言われたのが、『斎藤はアサシン(暗殺者)のようにいてほしい』ということ。どこか謎めいていて、あまり感情を表情に出さず、淡々と人を斬っていく……そんなイメージで、岡田さんが自ら殺陣を考え、僕に伝授してくれました」。

ADVERTISEMENT

 ところが問題が1つ。「岡田さんは、ご自身で考えた殺陣をいとも簡単に実演して見せるのですが、いざ、僕がやろうとしても、とてもじゃないですが真似できない(笑)。『岡田さん、僕には無理です。2手くらい殺陣を減らしてください!』と直訴しましたが、それでも根気よく、丁寧に教えてくださるんです。2人の関係性を描くところも、必ず斎藤は土方の後ろに一歩下がり、冷静に周りを観察する。そして、いざ敵が迫ってきたら、土方に代わって斎藤が速やかに斬っていく。この画を成立させれば、2人がどれだけ信頼し合っているかが表現できるわけですが、このシーンの殺陣も岡田さんが付けてくださったんです」と目を輝かせる。

 刀を振るときの重心の置き方から、当時の人々の歩き方まで、岡田の指導、アドバイスは、慣れない松下を全力で支えた。「僕は岡田さんのことを『本物のお侍さん』だと思っています(笑)。それほど時代劇の全てを熟知していらっしゃる。本当に頼れる副長です。それに、カメラの画角やレンズのミリ数など、映画人としてもたくさんのことを教えていただきました。『この人は、いったいどこまで知っているのか?』とただただ驚くばかりでしたが、そう滅多に経験できる現場ではないので、隅から隅まで聴き逃さないよう、撮影期間中は毎日、耳をそば立てていました」。

 松下の殺陣のシーンが深夜に及んでも、撮影が終わるまでずっと見守っていたという岡田。その時の光景を思い出したのか、突然、松下の口から、「もう本当に大好きです!」と岡田への思いがあふれ出す。まさに土方と斎藤を彷彿(ほうふつ)とさせる師弟関係。八郎とは全く違う、松下のアサシンぶりに期待が高まるばかりだ。(取材・文:坂田正樹)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT