ADVERTISEMENT

「SHERLOCK(シャーロック)」ハドソン夫人女優が死去 84歳

ご冥福をお祈りいたします - 「SHERLOCK(シャーロック)」でのユーナ・スタッブスさん
ご冥福をお祈りいたします - 「SHERLOCK(シャーロック)」でのユーナ・スタッブスさん - PBS / Photofest / ゲッティ イメージズ

 テレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズのハドソン夫人役などで知られたイギリス人女優ユーナ・スタッブスさんが現地時間12日、エディンバラの自宅で死去した。84歳だった。

【動画】『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』インタビュー

 50年以上にわたってテレビ、映画、舞台などで活躍したユーナさん。ユーナさんのエージェントは、彼女が数か月にわたって病を患っており、家族に囲まれて亡くなったと BBC News に語っている。

ADVERTISEMENT

 「SHERLOCK(シャーロック)」で共演したベネディクト・カンバーバッチ(ホームズ役)とマーティン・フリーマン(ワトソン役)もそれぞれ追悼コメントを発表。ベネディクトは「ユーナは素晴らしく、才能のある、スタイリッシュで、優しく、楽しい、誠実な友でした。一緒に仕事をするのも、共に笑うのも、笑わせるのも楽しい人。とても謙虚でありながら、非常に優れているんです。彼女がいれば部屋は明るくなり、彼女と知り合えた幸運な人たち全員がその死をひどく惜しむことでしょう。しかし、彼女は永遠に愛と共に記憶されることでしょう」と声明を出した。ちなみに、ユーナさんはベネディクトの母で女優のワンダ・ヴェンサムと共演経験があり、さらに両家はご近所さんだったため、ベネディクトのことは彼が4歳の頃から知っていたのだという。

 マーティンは、ユーナさんについて「公私ともにそばにいると素晴らしく楽しい人」と表現。「彼女は笑うのが好きで、服が好きで、いつだってすてきに見えました。それに彼女はとてもいたずらっ子でもあり、だからこそ僕たちはすぐに意気投合したんです。彼女は永遠の若さのエネルギーと愛と活力と楽しさに満ちていたので、実際の年齢を忘れてしまうほどでした。加えて、彼女はその仕事でも素晴らしく、とても尊敬されていました」。ダンサーから女優やテレビ番組のプレゼンターへと華麗なる転向を遂げたことにも触れ、「ユーナは本当にたいした人でした」と故人をしのんだ。(編集部・市川遥)

『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』インタビュー動画 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT