ADVERTISEMENT

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告編が初公開!ドック・オクら歴代ヴィラン復活

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告1 » 動画の詳細

 24日、トム・ホランドが主演を務める『スパイダーマン』シリーズ第3弾『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(12月17日全米公開)の初映像となる予告編が公開された。(以下、前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のネタバレを含みます)

【動画】歴代ヴィラン総登場!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告編

 ソニー・ピクチャーズが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を展開するマーベル・スタジオと共同で製作する同シリーズ。1作目『スパイダーマン:ホームカミング』は高校生ピーター・パーカー(トム)がスパイダーマンとして成長する姿、続く『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では夏休みを満喫するピーターに迫る新たな脅威が描かれた。

ADVERTISEMENT

 そして、最新作『ノー・ウェイ・ホーム』で描かれるのは、前作のラストでスパイダーマンの正体が世間にバレてしまった世界だ。ミステリオ殺しの疑いをかけられたピーターは、マスコミから執拗に追われることに……。MJ(ゼンデイヤ)やネッド(ジェイコブ・バタロン)といった親しい人にも迷惑がかかる状況を打開しようと、ピーターはアベンジャーズとして共に戦ったドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)のもとを訪れる。

 予告編には、自分がスパイダーマンだと知られていない世界にしてほしいと頼むピーターのため、ストレンジが呪文を唱える様子が映っている。しかし、その呪文は時空を歪めてしまい、並行世界=マルチバースが出現。その影響により、サム・ライミ監督版『スパイダーマン』(2002)のヴィランであるグリーン・ゴブリンの武器パンプキン・ボムや、『スパイダーマン2』(2004)に登場したドクター・オクトパス(アルフレッド・モリナ)といった、歴代シリーズの強敵が姿を現している。

 メガホンを取ったのは、前2作に引き続きジョン・ワッツ監督。トム、ゼンデイヤ、ジェイコブ、カンバーバッチ、アルフレッドのほか、ハッピー役のジョン・ファヴロー、メイおばさん役のマリサ・トメイも出演する。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT