ADVERTISEMENT

横浜ジャック&ベティ30周年企画映画『誰かの花』公開日が決定

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C) 横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画製作委員会

 横浜のミニシアター、シネマ・ジャック&ベティ30周年企画映画『誰かの花』が、12月18日から横浜ジャック&ベティで先行上映、来年1月29日より全国順次公開される。

映画『誰かの花』場面写真【画像】

 『誰かの花』は、団地のベランダから落ちた植木鉢をめぐり繰り広げられる物語。キャストには映画『ケンとカズ』などのカトウシンスケをはじめ、吉行和子高橋長英和田光沙テイ龍進篠原篤村上穂乃佳太田琉星や、横浜に縁の深い大石吾朗渡辺梓寉岡萌希堀春菜笠松七海らが集結した。

ADVERTISEMENT

 今回、ポスタービジュアルと場面写真も公開された。メガホンを取るのは『世界を変えなかった不確かな罪』の奥田裕介。以下のようにコメントしている。(清水一)

奥田裕介(監督・脚本)

映画を撮る上で「ある悲劇が『善意』から始まったら、その先に救いはあるのか」というテーマを持っています。
私が思う「救い」は「言葉にできない感情に置き場所ができる」ことだと思っています。
「赦されるための何か」を探している登場人物たちと一緒に、監督である私も「赦される何か」を探しながら完成させた映画です。

ストーリー

鉄工所で働く孝秋(カトウシンスケ)は、薄れゆく記憶の中で徘徊する父・忠義(高橋長英)とそんな父に振り回される母・マチ(吉行和子)のことが気がかりで、実家の団地を訪れる。しかし忠義は、数年前に死んだ孝秋の兄と区別がつかないのか、彼を見てもただぼんやりと頷くだけであった。
強風吹き荒れるある日、事故が起こる。団地のベランダから落ちた植木鉢が住民に直撃し、救急車やパトカーが駆けつける騒動となったのだ。父の安否を心配して慌てた孝秋であったが、忠義は何事もなかったかのように自宅にいた。だがベランダの窓は開き、忠義の手袋には土が…。一転して父への疑いを募らせていく孝秋。
「誰かの花」をめぐり繰り広げられる偽りと真実の数々。それらが亡き兄の記憶と交差した時、孝秋が見つけたひとつの〈答え〉とは。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT