ADVERTISEMENT

ワルシャワ国際映画祭出品決定!笠松将主演『リング・ワンダリング』特報が公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
過去と現在が織り交ざる、切なく幻想的な物語。
過去と現在が織り交ざる、切なく幻想的な物語。 - (C)2021 リング・ワンダリング製作委員会

 笠松将が主演する映画『リング・ワンダリング』(2022年2月公開)が、第37回ワルシャワ国際映画祭コンペティション部門に正式出品されることが決定した。あわせて、特報、ティザービジュアル、場面写真が公開された。

【動画】幻想的な世界観…『リング・ワンダリング』特報

 本作は、東京の下町を舞台に、笠松ふんする漫画家を目指す青年・草介が、不思議な娘・ミドリとの出会いを通じて、命の重みを知る幻想的で切ない物語。『アルビノの木』が、世界9か国の映画祭でグランプリを含む20の賞を受賞した金子雅和がメガホンを取る。ヒロイン役を阿部純子が務めるほか、安田顕片岡礼子長谷川初範田中要次品川徹らが出演する。

ADVERTISEMENT
リング・ワンダリング
(C)2021 リング・ワンダリング製作委員会

 公開された特報には、涙をこぼす主人公の姿や動物の頭蓋骨などが映るほか、「忘れないで、私の姿…」というヒロインの声で締めくくられており、幻想的な作品の世界観が感じられる仕上がりになっている。主人公の草介は、絶滅したニホンオオカミを題材に漫画を描いていることから、ティザービジュアルには、劇中漫画の作画を担当する漫画家の森泉岳土が手掛けたオオカミのイラストレーションがあしらわれている。

 ワルシャワ国際映画祭コンペティション部門に出品される本作。映画祭のディレクターであるステファン・ラウディンは「物語に感動し、泣き笑いする時、私たちは映画の素晴らしさを感じます。また、映画を観ていると、私たちはある種の魔法の目撃者となることがあります。映画の魔法。それは素晴らしく、しかし稀にしかできない体験です。そして『リング・ワンダリング』には、その全てが備わっているのです」と本作を招待した理由について語っている。(今井優)

幻想的な世界観…『リング・ワンダリング』特報 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT