ADVERTISEMENT

朝ドラ「ちむどんどん」ヒロイン・黒島結菜がクランクイン!「一日一日を大事にしていかないと」

沖縄そばを笑顔で持つ黒島結菜
沖縄そばを笑顔で持つ黒島結菜 - (C) NHK

 2022年前期の連続テレビ小説「ちむどんどん」が、9月21日からNHK放送センター内のスタジオで撮影を開始し、ヒロイン役の黒島結菜が、10月5日にクランクインした。

 本作は、沖縄に生まれ育ったヒロインとその家族を描く。比嘉暢子(黒島)は四兄妹の次女。沖縄の本土復帰と共に上京し、西洋料理のシェフを目指し修業をしながら青春を送り、やがては東京で沖縄料理の店を開くため奮闘する。暢子の両親役を仲間由紀恵大森南朋、四兄妹役を竜星涼川口春奈上白石萌歌が担う。

黒島結菜
黒島結菜 - (C) NHK

 黒島は、「撮影が始まったばかりですが、ヒロインの発表から半年くらい経っていることもあり、気持ち的にはもう折り返した気分です。ここからあっという間に終わっていくんだなという気持ちが強くて、一日一日を大事にしていかないといけないなと思いながら撮影に臨んでいます」と意気込む。

ADVERTISEMENT

 また、沖縄出身の黒島は、「今は主人公の生家である比嘉家のセットで撮影をしていますが、沖縄に住んでいる私の島のおばあちゃんの家のつくりとほとんど一緒なので、懐かしい気持ちになりました。渋谷のど真ん中にいるはずなのに、沖縄に帰ってきたような気持ちになりますし、とてもリラックスして現場にいることができるのでとてもうれしいです。撮影では『沖縄そば』など食べるシーンがたくさん出てきます。私が演じる暢子は、おいしいものを食べるのが大好きなので、おいしそうなものを見ているだけで自然と笑みがこぼれてくる人です。そういう暢子の気持ちをひとつひとつ大事にしながら、演じていけたらいいなと思っています。放送はまだまだ先になりますが、良い作品が作れるように頑張りますので、みなさん楽しみに待っていてください!」とコメントを寄せている。

 これまでの撮影したシーンは、沖縄・やんばる地域で家族と暮らす主人公・比嘉暢子の、高校生時代の場面などだという。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT