ADVERTISEMENT

「イカゲーム」はなぜ、世界的ヒットになったのか

「だるまさんがころんだ」のシーン - Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中
「だるまさんがころんだ」のシーン - Netflixシリーズ「イカゲーム」独占配信中

 Netflixの韓国ドラマ「イカゲーム」が、世界中で話題を呼んでいる。9話からなるこのドラマシリーズは、9月17日に配信開始となるやいなや、94か国で視聴ランキングの首位を獲得。最初の4週間以内に視聴した世帯数は1億4,200万に及び、Netflix創設以来最大のヒットとなった。アメリカでも有名番組「サタデー・ナイト・ライブ」がパロディーで扱うほどの大人気ぶりだ。(文/猿渡由紀)

【写真】あれ?楽しそう!「イカゲーム」撮影の裏側

 「イカゲーム」の主人公は、ギャンブル好きのバツイチ中年男ソン・ギフン。借金を抱える彼は、ある夜、見知らぬ人にもらった名刺を見て電話をする。そうやって連れ出された場所には、同じような経緯で声をかけられた大勢の人が集まっていた。やがてギフンは、その人たちもそれぞれにお金に困っていることを知る。

ADVERTISEMENT

 そんな彼らに、謎の統治者は、子供時代に遊んだゲームを行うよう命じてきた。それは、あまりにも危険なゲーム。勝ち残った者には多額の現金が与えられるが、負けた者はその場で殺されるというものだ。

 1か所に集められた人々が生き延びるために残酷なゲームを耐え抜くという設定は、これまでにもあったもので、とくに珍しくはない。だが、このドラマには、視聴者を惹きつける新鮮な点がいくつかある。

イカゲーム

 ひとつは、ゲーム自体がシンプルで、かつビジュアル的にユニークであること。初回の「だるまさんがころんだ」のゲームに出てくる巨大な人形は、目や首の動きが不気味で、強烈なインパクトがある。お菓子のカルメ焼きをきっちり型でくり抜かなければならないゲームは、自分でも簡単にできることから、真似をする動画がソーシャルメディアに多数出回った。

 そもそも、ソーシャルメディアは、このドラマの大ヒットの最大の牽引役だ。オスカー狙いの映画や、大物スターの出演作には巨額の宣伝費をかけるNetflixだが、このドラマのためにはほとんどお金をかけていない。だが、見た人が「#SquidGame」(「イカゲーム」の英題)というハッシュタグと共にどんどんソーシャルメディアに投稿してくれたことから、このタイトルが拡散されていったのである。

ADVERTISEMENT
イカゲーム
主人公を演じるイ・ジョンジェ(中央)

 シンプルなのは、ストーリーと設定自体にもいえる。大きなストーリーの中に小さなサブストーリーがあったりする凝ったドラマも多い中で、これは難しくなく、あまり頭を使わずして楽しめるのだ。元は韓国語ながら、英語圏などでも吹き替え版と字幕版の選択肢があり、吹き替え版なら読む必要もないし、共感もしやすい。お金にはだらしないが人柄は決して悪くない、娘を愛する父親という主人公像や(主演のイ・ジョンジェからは良い人オーラが漂っている)、やはり韓国生まれの映画『パラサイト 半地下の家族』も触れていた格差社会という側面は、世界のどこに住んでいても身近に感じられるはずだ。

 だが、最も大きなヒット要因は、世の中の変化にあるだろう。先に述べたように、現代はソーシャルメディアで一気に口コミが広まることが可能。さらに、昔と違い、もはや誰が出ているかで、人は観るものを決める時代ではなくなっている。2000年台頃まではまさにそうで、だからスタジオはひとにぎりのトップスターに巨額のギャラを払った。しかし、近年、観客はますます、出演者ではなくコンセプトで、観る作品を選ぶようになっている。マーベルをはじめとするスーパーヒーロー超大作は、その良い例だ。

ADVERTISEMENT

 その上、この1、2年ほどの間には、欧米でも、アジア系キャストの作品に対する距離感が急速に縮まってきている。『クレイジー・リッチ!』『フェアウェル』『パラサイト 半地下の家族』『ミナリ』などが立て続けに成功したのに加え、最近もマーベルの『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が、『ブラック・ウィドウ』を超える世界興行成績を達成した。もっとも『ブラック・ウィドウ』はディズニープラスで同時プレミアム配信されたので、単純に比較はできないが、その分を差し引いたとしても、全アジア系キャストの映画がスカーレット・ヨハンソン主演作とほぼ対等な数字を上げるなどということは、少し前なら考えられなかった。その勢いの真っ最中に、「イカゲーム」が現れたのである。

 監督ファン・ドンヒョクは、10年も前から今作の構想を抱き、売り込んでは断られてきたという。その長い年月の間に、エンタメ界はグローバル化し、完璧な受け皿が整ったわけだ。ファンからは第2シーズンを望む声が強く聞かれるが、それが実現するかどうかは、今のところわからない。ただ、これをきっかけに、Netflixに、韓国やその他の国の作品が増えていくことは間違いないと思われる。Netflixにとっても、外国作品は安いというメリットがあるのだ。それはつまり、日本作品にもチャンスはあるということ。「イカゲーム」に続く大ヒットドラマを、日本は世界に送り出すことができるだろうか。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT