ADVERTISEMENT

倉悠貴×見上愛、過激な青春描く『衝動』初日決定 新キャストに村上淳

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C)映画「衝動」製作委員会

 連続テレビ小説「おちょやん」で注目を浴びた倉悠貴と、映画『プリテンダーズ』が公開中の見上愛がダブル主演を務める『衝動』の初日が12月10日に決定し、ポスタービジュアル並びに劇中カットが公開。新キャストとして、村上淳が半グレ集団の元締めのヤクザを演じることが併せて発表された。

【写真】『衝動』劇中カット7点

 本作は、2020年の東京・渋谷を舞台に、違法薬物の運び屋として働く少年・ハチ(倉悠貴)と、あるトラウマから声を出せなくなった少女・アイ(見上愛)が出会い、ぶつかりながら、かけがえのない存在になっていくさまを追う青春サスペンス。監督・脚本を、ドラマや映画の演出部スタッフとして活動し、本作で商業デビューを果たす土井笑生が務める。

ADVERTISEMENT

 ポスタービジュアルは、渋谷のスクランブル交差点に佇むハチとアイを捉えたもの。街頭ビジョンは暗く落とされ、2020年の渋谷を象徴する光景となっている。劇中カットは、ハチとアイのほか、ハチが違法薬物の運び屋として働く半グレ集団の元締めのヤクザ・サワダを演じる村上、見津賢錫木うりら主要な登場人物が見られる。

 倉は、池田エライザの初監督作『夏、至るころ』で、主演で映画デビュー。2021年は朝ドラ「おちょやん」の主人公の弟ヨシヲ役で注目を浴び、『樹海村』『まともじゃないのは君も一緒』『街の上で』『うみべの女の子』などの映画に立て続けに出演。見上は2019年のデビュー以降、ドラマ、映画、テレビ、CMと多方面で活躍。2021年はドラマ「きれいのくに」「ガールガンレディ」や映画『キャラクター』『プリテンダーズ』などに出演している。(編集部・石井百合子)

映画『衝動』は12月10日より池袋HUMAXシネマズほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT