ADVERTISEMENT

大島優子、初大河に短期間で挑む試練「とても良い疲れ」

渋沢栄一(吉沢亮)の後妻・伊藤兼子を演じる大島優子
渋沢栄一(吉沢亮)の後妻・伊藤兼子を演じる大島優子 - (C)NHK

 現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」(NHK総合ほか)で、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の後妻となる伊藤兼子を演じる大島優子。女優として着実にキャリアを積み上げているが、大河ドラマは初出演となる。栄一の集大成となる後半パートで登場する役柄に、出演が決まったときは「プレッシャーで胃が痛くなるぐらい」と語っていた大島だが、大河ドラマのプロフェッショナルな現場を経験し「一ミリたりとも気が抜けないけれど、やりがいがあります」と充実した様子だ。

【写真】朝ドラで15歳の戸田恵梨香&大島優子!

 大島演じる伊藤兼子は、「伊勢八」の名で知られた豪商・伊藤八兵衛の娘として生まれたが、明治維新後に家業が大損失を出し没落。路頭に迷う妹たちを養うために芸者の道に進んだ。栄一とは、師と仰いでいた平岡円四郎(堤真一)の妻・やす(木村佳乃)との縁で知り合い、妻・千代(橋本愛)亡きあとに妻となる。

ADVERTISEMENT

 渋沢家に嫁いでからも、兼子は常に千代の存在を感じている。大島は「何度も栄一さんは千代さんのことを思い出すんですよね。その姿を見ると、とても寂しいのですが、一方でそれぐらい妻を大切に思っているという部分には敬意を表しているんです。そうした栄一さんの思いを含めて、大きく包み込む……すごく懐が深い女性だと思います。やるからには視聴者の皆さんには愛されるキャラクターになって欲しい」と兼子の複雑な心理に思いを巡らせる。

 内面的な理解にプラスして技術面においても気が抜けないという大島。「声のトーンやしゃべり方、スピードなど、監督とは一つずつ確認しながら作っていくことを心がけました」と丁寧に役づくりを行った。千代よりも栄一に長く寄り添うことになる兼子だが、出演時間は圧倒的に千代よりも短く、短期間で栄一との関係を表現しなければならない難しさもある。「短いシーンで栄一さんとの距離感をしっかり把握しながらお芝居をしなくてはいけない。監督に、『このシーンはどのぐらいの関係なんでしょう?』と逐一確認しながらやらせていただいています」

 大島にとって初となる大河ドラマ。オファーを受けたときは喜びと興奮で「歓声を上げた」とコメントしていたが「朝ドラ(『スカーレット』)からそこまで時間が経っていないなか、まさかこんなにすぐに大河ドラマのお話をいただけるなんて思っていなかったので」と全く予想していなかったという。

ADVERTISEMENT

 「当たり前なのですが、スタッフさんは全員プロフェッショナルで、一ミリたりとも気が抜けない」と大きな緊張感のなかでの撮影が続いていたことを明かすが、その一方で「だからこそ、すごく楽しいしやりがいがあります。演じる人間の渦巻く感情を表現するために、対峙する役者さんのお芝居も敏感に受け取らなければいけないのですごく疲れます。でもとても良い疲れです」と満足感に満ち溢れた表情だ。

 栄一役の吉沢については「とにかくエネルギーがすごい。とても燃えたぎっていて、こちらにもすごい力を与えてくれるんです」と圧倒されている様子で、「わたしももっと栄一さんの隣にいられるような人になりたいと頑張っています」と意欲を見せる。

 兼子については詳しい資料があまりないと言うが、限られた情報でどう取り組むのかに役者魂を見いだしているようで「いろいろ調べても同じ情報にたどり着いてしまうんです。だから事実関係を積み上げて、イメージしながらやっています。そのぶん大変なのですが、逆に言えば自由度が高いので、自分なりの兼子を作り上げられたらと思っています」と前を向いていた。(取材・文:磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT