ADVERTISEMENT

ロバート・ダウニー・Jr&マット・デイモン、クリストファー・ノーラン新作に出演交渉中

豪華な組み合わせ! - ロバート・ダウニー・Jr(左)とマット・デイモン(右)
豪華な組み合わせ! - ロバート・ダウニー・Jr(左)とマット・デイモン(右) - Chris Unger / Zuffa LLC / Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 俳優のロバート・ダウニー・Jrマット・デイモンが、『ダークナイト』『TENET テネット』のクリストファー・ノーラン監督が手掛ける新作映画『オッペンハイマー(原題) / Oppenheimer』への出演交渉を進めていると、Deadlineなどが報じた。

【動画】『TENET テネット』すごすぎメイキング映像

 『オッペンハイマー(原題)』でノーラン監督が描くのは、「原爆の父」として知られる米物理学者ロバート・オッペンハイマー。第二次世界大戦中、アメリカで進められたマンハッタン計画(原爆製造計画)を主導した人物で、本作では『インセプション』『ダンケルク』などでノーラン監督とタッグを組んだキリアン・マーフィが演じる。

ADVERTISEMENT

 The Hollywood Reporter によると、ロバートはアメリカ原子力委員会の委員長ルイス・ストローズ役、マットはマンハッタン計画を指揮した軍人レズリー・グローヴス役で交渉に入っているという。契約が結ばれた場合、ロバートとノーラン監督は初タッグ、マットは『インターステラー』(2014)以来のノーラン作品参加となる。

 本作にはその他、『ジャングル・クルーズ』のエミリー・ブラントがオッペンハイマーの妻役で出演交渉中であると報じられている。映画は2023年7月21日全米公開予定で、2022年初旬より撮影がスタートする。ノーラン監督は長年にわたり親密な関係を築いてきたワーナー・ブラザースと決別しており、新作の配給は米ユニバーサル・ピクチャーズが担当する。(編集部・倉本拓弥)

映画『TENET テネット』の舞台裏!メイキング映像 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT