ADVERTISEMENT

マーベル新作「ホークアイ」犬も主役?ユーモア満載キャラクタービジュアル&本編映像

ピザドッグも活躍するのか? 「ホークアイ」キャラクタービジュアル
ピザドッグも活躍するのか? 「ホークアイ」キャラクタービジュアル - (C)2021 Marvel

 アベンジャーズとして活躍する弓の名手ホークアイことクリント・バートンが主人公の新作マーベルドラマ「ホークアイ」のキャラクタービジュアルと本編映像が公開された。ビジュアルには、ホークアイと若き戦士ケイト・ビショップ、さらに一匹の“犬”が登場。また本編映像には、ホークアイとケイトによる、ユーモアたっぷりの掛け合いが映し出されている。

「ホークアイ」本編映像

 アベンジャーズの初期メンバーを描く初のドラマシリーズとなる本作。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の決戦後、戦いから離れて家族とすごすクリスマスを願うホークアイ(ジェレミー・レナー)と、彼に憧れる若き弓の名手、ケイト(ヘイリー・スタインフェルド)の物語が描かれる。

ADVERTISEMENT

 キャラクタービジュアルでは、弓矢を携えパープルのコスチュームでポーズを決めるホークアイとケイトに並んで、サンタ帽をかぶった犬、その名もピザドッグが登場。笑顔(?)でウインクを決めるこの犬は、どんな活躍を見せるのか。

 本編映像もホークアイらしいユーモアが満載。ケイトと街中を歩いていると「ママ! スーパーヒーローがいる!」と子供に気付かれたホークアイ。そのまま駆け寄ってくるかと思いきや、子供が気づいたのは『ハンガー・ゲーム』のカットニスにふんしたコスプレイヤー。アントマンやハルクがそろう観光客向けのパフォーマーに対して、全く目立たたないホークアイに、ケイトが「あなたの問題はブランディングね」と指摘。名コンビの誕生を予感させる。

 ホークアイが家族に戻ると約束した、クリスマスまでの6日間を全6話で描くという本作。かつてサノスによって家族が消滅し、悲しみと怒りから「ローニン」となり悪を手にかけていたホークアイ。本作では、その闇落ちの過去にもかかわるトラブルに巻き込まれた彼が、ケイトと謎の犬・ピザドッグと共に事件に立ち向かっていくという。果たして彼は、クリスマスまで生き残り、家族との約束を果たすことができるのか。

ADVERTISEMENT

 『死霊館』シリーズのヴェラ・ファーミガをはじめ、フラ・フィートニー・ダルトン、そして、『ブラック・ウィドウ』に続きエレーナを演じるフローレンス・ピュー、新キャラクターとなるエコー/マヤ・ロペス役のアラクア・コックスらが共演。監督は、女性監督ユニットのバート&バーディとリス・トーマス、脚本は名作ドラマ「MAD MEN」も手掛けたジョナサン・イグラらが執筆する。(編集部・入倉功一)

「ホークアイ」はディズニープラスにて11月24日(水)17時より日米同時配信

マーベル・スタジオ『ホークアイ』|本編映像ブランディング編|Disney+ (ディズニープラス) » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT