ADVERTISEMENT

『SING/シング』続編、MISIA・長澤まさみ・大橋卓弥ら声優続投

 アニメーション映画『SING/シング』の続編『SING/シング:ネクストステージ』(来年3月18日公開)で、MISIA長澤まさみ大橋卓弥スキマスイッチ)、大地真央田中真弓が吹き替え声優を続投することが明らかになった。

【動画】『SING/シング:ネクストステージ』吹き替え版本予告

 2017年に日本で公開された『SING/シング』は、動物たちが歌唱コンテストで奮闘する姿を、数々のヒットソングに乗せて描き、国内興行収入51億円を超える大ヒットを記録。続編では、主人公バスター・ムーンたちが世界的に有名なエンターテインメントの聖地で新しいショーを披露するという夢に向かって奔走する。

ADVERTISEMENT

 すでにバスター役の内村光良、グンター役のトレンディエンジェル・斎藤司、ロジータ役の坂本真綾が続投することが発表されていたが、今回新たにミーナ役のMISIA、アッシュ役の長澤、ジョニー役の大橋、ナナ役の大地、ミス・クローリー役の田中の続投が明らかに。

 MISIAは「また、ミーナちゃんに会えるんだなと嬉しかったです。(前作では)とても大きな反響をいただきました。『ミーナ』宛のファンレターを小さい子からもらったり……。ミーナと、ミーシャは、名前が似ているせいか、その手紙の中では、ミーナちゃんとミーシャのエピソードが混ざってしまっていることもあって、何かの役をやるということは、こういうことでもあるんだなと、とても微笑ましく手紙を読んでいました」とコメント。

 長澤も「(前作から)5年も経っていたことにびっくりしています。今でも友達の子供たちが『アッシュが好きなんだ』と言ってくれるので、ずっと愛されている作品だということを感じていますし、続編が楽しみだ、と思っていたところでした」という。

 前作では劇中で歌声を披露したことも話題を集めたが、「自分のイメージにないことを挑戦するということは、アッシュ役があったからできたことかなと思ったり、アッシュを演じたことによって楽しんで、色々なことにチャレンジできたと思います。本作でアッシュが歌う曲は難しい曲なので、また私のひとつのチャレンジになるかなと思っています」と意気込んだ。(編集部・中山雄一朗)

映画『SING/シング:ネクストステージ』吹き替え版本予告 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT