ADVERTISEMENT

クリストファー・ノーラン監督最新作、フローレンス・ピュー&ラミ・マレックが出演!

キャストがどんどん豪華に!- フローレンス・ピューとラミ・マレック
キャストがどんどん豪華に!- フローレンス・ピューとラミ・マレック - David Crotty / Patrick McMullan via Getty Images / Emma McIntyre / AMA2018 / Getty Images For dcp

 映画『TENET テネット』などで知られるクリストファー・ノーラン監督の最新作『オッペンハイマー(原題) / Oppenheimer』に、『ブラック・ウィドウ』のフローレンス・ピュー、『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレックが出演すると The Hollywood Reporter が独占で報じた。

【画像】ダウニー・Jrも出演!ノーラン新作『オッペンハイマー(原題)』キャスト陣

 ピュリッツァー賞を受賞した伝記を原作とする『オッペンハイマー(原題)』は、“原爆の父”と呼ばれた米物理学者ロバート・オッペンハイマーを描くスリラー。主演を『インセプション』『ダンケルク』などのキリアン・マーフィが務めるほか、エミリー・ブラントロバート・ダウニー・Jrマット・デイモンが共演に名を連ねる。

ADVERTISEMENT

 同サイトによると、フローレンスが演じるのは、アメリカ共産党員ジーン。オッペンハイマーの大学時代の恋人としても知られる人物だ。また、ラミは科学者役を務め、フローレンス&ラミと共に出演が決まったベニー・サフディは、「水爆の父」として知られる理論物理学者エドワード・テラーを演じるという。

 米ユニバーサル・ピクチャーズが配給を担当する本作は、2023年7月21日全米公開予定。ノーラン監督は脚本も執筆しており、スタッフ陣にはホイテ・ヴァン・ホイテマ(撮影監督)、ジェニファー・レイム(編集)、ルートヴィッヒ・ヨーランソン(音楽)と『TENET テネット』組が再集結している。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT