ADVERTISEMENT

窪田正孝、宮沢りえはエネルギーの集合体「僕にとってパワースポット」

宮沢りえとの共演を振り返った窪田正孝
宮沢りえとの共演を振り返った窪田正孝

 俳優の窪田正孝が13日、東京・内幸町のイイノホールで行われた映画『決戦は日曜日』の完成披露試写会に出席し、本作で初共演を果たした宮沢りえのことを「パワースポット」のような存在だったと語った。この日は共演者の赤楚衛二内田慈小市慢太郎音尾琢真坂下雄一郎監督も来場した。

読めない展開…『決戦は日曜日』本予告【動画】

 本作は、父親の地盤を引き継ぎ、急きょ出馬することになった新人候補の川島有美(宮沢)と、中堅秘書として議員のサポート役に徹してきた秘書・谷村勉(窪田)の選挙活動を描く社会派コメディー。観客の前に立った窪田は「こうやってみなさんの前に立つのが久しぶりすぎて。ちょっとどうしたらいいか分からないです」と切り出すと、「みんなに会うのも久しぶり。1年ぶりだったので、感無量でございます」としみじみ。共演者たちから、「お久しぶりです」と舞台上であいさつしあうと、会場は笑いに包まれた。

ADVERTISEMENT

 本作で初共演となった宮沢について「今回ご一緒させていただいて光栄でした」と語る窪田。「こんなエネルギーの集合体のような人に僕は会ったことがない。すべてがプラスでポジティブなパワーでできていて、一緒に話しているだけで治癒されていく」と語る。そして撮影現場は「有美さんという役を通じて、りえさんのエネルギーを一番近くでダイレクトにもらっていた」という日々だったそうで、「僕にとってはパワースポット! それくらいに最高に楽しかったです」と存在の大きさを感じていたという。

 窪田ふんする事なかれ主義の議員秘書と、宮沢演じる世間知らずだが熱意だけは人一倍ある二世候補のやり取りが見どころの本作。二人の掛け合いを振り返った宮沢は「最初に監督からプランを伺った後は、話し合うよりは空気が作られていく」と感じたそう。「とにかく受け止めてくれる許容範囲が広いので、どこにボールを投げてもキャッチしてくれる安心感がありました。役と同じで自由に受け止める窪田さんが心強かったです」と振り返った。

 一方、くせ者ぞろいの秘書チームの中で若手の私設秘書・岩淵を演じた赤楚は「撮影現場も本当に楽しくて。あっという間の2週間でした」と語る。続けて「素敵な先輩がたの中で緊張しましたけど、衣装合わせの段階から、監督に若者代表としていてほしいと言われたので、若者らしさを前面に出して頑張りました」と先輩俳優たちとの共演に満足げな顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『決戦は日曜日』は2022年1月7日より全国公開

窪田正孝×宮沢りえ『決戦は日曜日』本予告 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT