ADVERTISEMENT

SixTONES松村北斗、RPGゲームで小顔に!? 驚きの美容効果を明かす

主演を務めた四月一日役の神木隆之介と、百目鬼役の松村北斗
主演を務めた四月一日役の神木隆之介と、百目鬼役の松村北斗

 SixTONES松村北斗が22日、丸の内ピカデリーで行われた映画『ホリック xxxHOLiC』の完成披露舞台あいさつに出席。登壇者がそれぞれのホリック(〇〇中毒)について語るなか、松村は「RPGゲームに熱中して顔が小さくなった」と驚きの効果があったことを明かした。この日は神木隆之介柴咲コウ玉城ティナ吉岡里帆蜷川実花監督も来場した。

妖しく美しい…『ホリック xxxHOLiC』場面カット【写真】

 アニメや実写ドラマ、舞台化もされた、クリエイター集団CLAMPによる同名コミックの実写映画化となる本作。人の心の闇に潜む“アヤカシ”が見えてしまう高校生・四月一日(神木)が、それに見合う対価と引き換えにどんな願いもかなえるという“ミセ”の女主人・侑子(柴咲)と出会い、運命が変わっていくさまが描き出される。松村は、四月一日の同級生で巧みな弓の使い手である百目鬼静を演じているが、蜷川監督は写真撮影の仕事の際に松村と一緒になり、そこで「百目鬼がいた!」と感じてオファーを出したという。

ADVERTISEMENT

 大勢の観客を前に、松村は「やはりお客さんがいるという状況には驚きと感動と、そして少々の不安というものもあるわけですが」としみじみした顔を見せつつも、「みなさんがいろいろな形で協力してくださったり、強い信念のもと集まっていただいたんだなと思うと、温かい気持ちになります。感謝だなと思います」とコメント。さらに「この作品は、そういう今のご時世とか、みなさんが抱えている温かさというものを、(蜷川)実花さんが大切に描いています。特に今日集まってくださったみなさんには、特に何か響く作品じゃないかなと思っております」と会場に呼びかけた。

 百目鬼を演じる上で「とにかく現場で一番頑張ったのが声を低くするということ。『このぐらいですか?』『いや、もっと。もっと』というのを繰り返して。最終的にはウッドベースくらい低い声でしゃべることになった」という松村。「でもなかなか普段、そんな低い声でしゃべらないじゃないですか。だから大変でしたね」としみじみ語ると、蜷川監督が「あまり大きな演技もできないでしょうから、それも心配だったでしょうしね。みんな難しい役だったので、それぞれに大変だったんだろうなと。今聞いてて、申し訳ないなという気分になりました」とキャストに謝辞を伝えるひと幕も。

ADVERTISEMENT

 さらにこの日は、本作のタイトルにちなんで「中毒(ホリック)と言えるくらいにハマっているもの」というお題でトークが繰り広げられることに。神木が「イヤホン」、柴咲が「椅子」と発表した流れで、松村は「RPGゲーム」と発表。「僕はもともとゲームは全然していなかったんですけど、ちょうど先月くらいに連休があって。とにかく家にこもり続けたいなと思ったんで、何年かぶりに Nintendo Switch を買ったんです」と明かすと、「それでやりはじめたら、ものすごく熱中しちゃって。そしたら、日々の悩みも全部飛んじゃって。『ここ曲がったらあれがいるから』『あれがいるからこれを捕まえるためには』『あれ、俺はこれを育てたいんだよな』とか思ううちに、松村北斗じゃなくて、ゲームの主人公になってるんですよね」と熱を帯びた口調で力説。

 そしてゲームに熱中したことで、思わぬ効果があったという。「そしたらその間、僕が長年悩んでいた食いしばりをやめていて。その連休が3~4日あったのですが、連休が明けたら、僕、すごく顔が小さくなってて。今は戻ってしまったんですけど、ゲームって顔が小さくなるんだなと思って、ゲームをずっとやっています」とまさかの効果を告白。「RPGゲームって健康にいいな、美容にいいなと思いました」と呼びかけ。松村が唱える新説(?)に、会場からも驚きの声があがっていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ホリック xxxHOLiC』は4月29日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT