ADVERTISEMENT

『ドクター・ストレンジMoM』トム・クルーズ=〇〇説、脚本家が真相明かす

トム・クルーズがアイアンマンを演じていた?
トム・クルーズがアイアンマンを演じていた? - (C) Marvel Studios 2022

 映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の公開前から度々浮上していたトム・クルーズにまつわる噂について、脚本家のマイケル・ウォルドロンが Rolling Stone で真相を明かした。(以下、映画のネタバレを含みます)

【画像】アイアンマン役もイケる?今年60歳になるトム・クルーズ

 『スパイダーマン』三部作のサム・ライミ監督がメガホンを取った本作は、アベンジャーズ最強の魔術師ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が、無限の可能性を秘めたマルチバースの謎に迫るアクション。ユニバース間を移動できる少女アメリカ・チャベス(ソーチー・ゴメス)の登場など、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のマルチバース化が加速する。

ADVERTISEMENT

 マルチバースを扱う本作だけあって、公開前からMCUヒーローの変異体が登場するのではと注目が集まっていた。中でも、かつてアイアンマン役として白羽の矢が立てられていたトムが、別次元のトニー・スターク=スーペリア・アイアンマンを演じる説が噂として広まり、本作の予告編に映った金色に輝くキャラクターが、トムなのではという声も上がっていた(実際はマリア・ランボーの変異体キャプテン・マーベル)。

 脚本を執筆したウォルドロンは、「(トム=アイアンマン説は)完全なるでっち上げ。トム・クルーズのフッテージ映像なんてありませんよ!」と真相を告白。しかし、トムのファンであるウォルドロンは、実際に彼をアイアンマンとしてキャスティングできないか、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギに提案したことがあったという。

 「私はトムが大好きで、ある時ケヴィン・ファイギに『トム・クルーズ版アイアンマンはどうでしょう?』と言ったことがあります。昔ウェブサイトでトムがアイアンマンになるという記事を読んだことがあったので」と明かしたウォルドロン。トムは『ミッション:インポッシブル』シリーズの撮影で多忙を極めていたこともあり、「スケジュールの問題もあったので、その選択肢はなかったと思います」と語っている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT