ADVERTISEMENT

山下智久「正直不動産」7話、今夜17日放送 “ライアー永瀬”時代のしっぺ返し?

「正直不動産」7話より登坂不動産の社長(草刈正雄)と永瀬財地(山下智久)
「正直不動産」7話より登坂不動産の社長(草刈正雄)と永瀬財地(山下智久) - (C)NHK

 不動産業界を舞台にした山下智久主演のNHKドラマ「正直不動産」(毎週火曜夜10時~)。17日放送の第7話「過去の自分と今の自分」では、 課長代理に抜擢された主人公・永瀬財地(山下)のエピソードが描かれる。

【写真】山下智久の美しい横顔

 本作は、大谷アキラ(漫画)、夏原武(原案)、水野光博(脚本)による同名漫画に基づくコメディー。嘘八百を並べて売り上げナンバーワンを誇っていた“ライアー永瀬”こと登坂不動産のやり手営業マン・永瀬財地が、土地のたたりによって嘘をつけない体となり、一転して“正直すぎる”営業マンとして奮闘する。前話では、登坂不動産の情報をライバル会社のミネルヴァ不動産に流していたスパイが、永瀬と火花をちらしていた同僚の桐山貴久(市原隼人)である可能性が浮上するも事態は思わぬ方向へ。彼がミネルヴァ不動産社長の鵤聖人(いかるが・まさと/高橋克典)と接触していたのは全く別の理由だったことが発覚し、同時に桐山の哀しい過去が浮かび上がった。永瀬は、これまで犬猿の仲だった桐山をいつしかリスペクトするようになり、辞表を出した桐山を説得しようとするが……。

ADVERTISEMENT
後輩・月下役の福原遥とのコンビネーションも話題

 第7話では、スパイ騒動がミネルヴァの仕業だったことが判明。ミネルヴァが営業成績の振るわない登坂の営業課長を金で引き込んでいたとわかり、退職した課長に代わって永瀬が課長代理に抜擢される。永瀬は事務作業に追われる一方、うそを連発していた過去の契約者からのクレームが続々。そんな時、メインバンクの融資課・榎本美波(泉里香)が永瀬を訪ね、ある定年夫婦の自宅売却に絡み、協力を求める。

 予告動画は、永瀬が嘘をつこうとした瞬間に風が吹くお約束の場面からスタート。「つくづく嫌になった。うそばっかついていた自分に」とぼやく永瀬、「永瀬を追い込め」という鵤、登坂の社長(草刈正雄)に「不動産屋になりたいです。そんな仕事最高じゃないですか」と熱く語るかつての永瀬などが見られる。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT