ADVERTISEMENT

松本まりか、映画『極主夫道』元レディース総長役がめちゃくちゃキュート!玉木宏も絶賛

川口春奈とのバトルにも注目
川口春奈とのバトルにも注目

 玉木宏が24日、都内で行われた映画『極主夫道 ザ・シネマ』の公開直前祭に出席し、テレビドラマ版から「さらにスケールが大きくなった」という本作の撮影を振り返った。この日の舞台あいさつには玉木のほか、共演の川口春奈志尊淳松本まりか滝藤賢一吉田鋼太郎稲森いずみ竹中直人も登壇した。

【トークノーカット】玉木宏&川口春奈ら集結!イベントの様子【動画】

 本作は、裏社会で数々の伝説を残した極道が専業主夫となる姿を描いたおおのこうすけのコミックを原作にしたテレビドラマの劇場版。家事やご近所付き合いに奮闘する主人公の龍(玉木)が、町の保育園を狙う地上げ屋に立ち向かう様を描く。

ADVERTISEMENT

 この日は登壇者が浴衣を着て登場。玉木は「この数年は夏祭りに行けていないので浴衣を着ると気分も上がります。夏に向けて、さらに気持ちが高揚していければ」と嬉しそうに述べる。川口も「久しぶりに着てテンションが上がっています。みなさん、凛としてカッコいいなってさっき見とれていました」と笑顔で話す。

 玉木はまた、共演者らを見回して「濃い(メンバー)ですね~。撮影現場の楽しかったことが思い出されました」とコメント。劇場版からのキャストとして新たに、謎のイタリア風味のマフィア・近藤役の吉田や元レディース総長の虎春役の松本が加わったことも心強かったといい、「強力な方々が登場して元々のドラマからさらにスケールが大きくなった。松本まりかさんはめちゃくちゃキュート。ぜひ楽しみにしていてほしい」と呼びかけた。

極主夫道

 松本は広島弁でヤンキー言葉をまくしたてる役どころ。川口ふんする龍の妻・美久の恋敵的な立ち位置でもある。広島弁の感想を問われると「難しかった。みなさん、本当に自由にアドリブをされていたけど、私は広島弁でどう対応していいかわからなかったです。みなさんのアドリブが本当に面白くて、ずっと見ていたかった」と振り返る。続けて「レディースの総長と肩書きはすごいですけど、虎春は中身は純。そのギャップがすごい。春奈ちゃんとのキャットファイトのシーンはぜひ注目してほしいです」と話す。

 川口も龍をめぐってバチバチにやりあった松本との共演シーンを「ドラマよりも強い龍ちゃん愛が出ていればいいなって。美久の乙女心にも注目してほしい」と回顧。志尊も「ビンタを何回か受けているシーンがあったのにカットされていた。監督に文句が言いたい」と話して、会場を沸かせた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『極主夫道 ザ・シネマ』は6月3日より全国公開

【トークノーカット】玉木宏、川口春奈ら豪華キャスト集結!映画『極主夫道 ザ・シネマ』公開直前祭 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT