ADVERTISEMENT

中村倫也、風呂上がりの“ズルボディ”を絶賛される

中村倫也
中村倫也

 中村倫也が21日、都内で行われた映画『ハケンアニメ!』公開記念舞台あいさつに登壇し、劇中で“ズルい”ボディを披露していることが明かされた。この日は、吉岡里帆柄本佑尾野真千子高野麻里佳吉野耕平監督、主題歌「エクレール」を歌うバンド・ジェニーハイ小籔千豊川谷絵音新垣隆中嶋イッキュウも来場した。

【動画】中村倫也の“ズルボディ”を柄本佑が絶賛

 本作は直木賞作家・辻村深月がアニメ制作の舞台裏を描いた小説の映画化。元公務員の期待の新人監督・斎藤瞳(吉岡)と崖っぷち状態の天才監督・王子千晴(中村)が、アニメ界の頂点「ハケン(覇権)アニメ」を目指して仲間とともに火花を散らす。

ADVERTISEMENT

 中村は「嬉しいですね。初号(試写)を観てから、早く皆さんに佑の役のズルカッコよさと、真千子姉の貴重な入浴シーンをお届けしたい(と思っていた)」と明かしながら、「何がどうとか言わなくても、『とにかく観ろ!』と言えるような作品に吉野の耕ちゃん(監督)がしてくださったと」と自信をのぞかせた。

中村倫也

 柄本は「返す刀で言わせていただければ、倫也くんのズルボディ。う~ん、あのボディはいい。風呂上がりの王子監督。説得力がありますよね。あれでバキバキとかになっていたら、お前(アニメ描くために部屋に)こもってないだろ! ジムとか行ってねーか? と言われちゃいますから」とほどよい仕上がりのボディを絶賛。中村が「ダメなんだよね。モテない設定なのにバキバキのヤツとか」と言うと、柄本も「あれは王子監督としての説得力がありました」と感心した。

 柄本は吉野監督の手腕にも脱帽。「本を読んだ段階で、とってもウエルメイドなエンターテインメント作品でありつつ、奥行きがしっかりある」と感じたそうで、撮影中は「芯が頑固」という吉野監督の演出に導かれたことを思い返す。そして、「出来上がった作品を観て、(最初の)感覚は間違っていなかったし、想像以上に誰もが共感できる映画」になったことを喜び、「皆さんに早く観ていただきたい」と呼びかけた。(錦怜那)

中村倫也の“ズルボディ”を柄本佑が絶賛!映画『ハケンアニメ!』公開記念舞台挨拶 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT