ADVERTISEMENT

長澤まさみ『シン・ウルトラマン』で巨大化 「一人で地味だった」撮影秘話

『シン・ウルトラマン』でまさかの巨大化 - 長澤まさみ
『シン・ウルトラマン』でまさかの巨大化 - 長澤まさみ

 俳優の長澤まさみが25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『シン・ウルトラマン』の大ヒット御礼舞台あいさつに出席。劇中でウルトラマン級に巨大化するシーンを振り返り、「倒れるときに受け身がとれず大変でした」と裏話を語った。イベントには斎藤工西島秀俊有岡大貴早見あかり山本耕史樋口真嗣監督も出席した。

【画像】人気急増!長澤まさみ演じる分析官・浅見弘子

 1966年の放送以来、世界中で愛される人気特撮「ウルトラマン」を、企画・脚本の庵野秀明、監督の樋口真嗣が映画化した本作。巨大不明生物・禍威獣(カイジュウ)に立ち向かう防災庁の専従組織・禍特対(カトクタイ)こと禍威獣特設対策室のメンバーの活躍を描く。5月24日までの公開12日間で、動員143万人、興行収入21.6億円の大ヒットを記録している。

ADVERTISEMENT

 外星人メフィラス(山本)によって巨大化してしまった、長澤ふんする分析官・浅見弘子。劇中では、ビルを肘で破壊するなど、ビジュアルを含め強烈なインパクトを残したが、長澤は「撮影はグリーンバックだったので、一人で地味に撮影していました」と笑う。

 樋口監督からはCGを合わせるために、かなり細かな指示があったという。長澤は「もうちょっと足を上げてとか、肘がもっと上に……とか。倒れるときに『動かないで』と言われたりしたので、受け身がとれなくて大変でした」と苦労話を明かすと、樋口監督は「ごめんなさいね」と平謝り。すると長澤は「でもちゃんとマットを敷いてくれていたので大丈夫でした」と笑顔で語っていた。

巨大化した浅見分析官 - (c)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (c)円谷プロ

 巨大化した浅見を見守る禍特対班長・田村君男を演じた西島も、「あのシーンは撮影初日だったのですが、探り探りやっていましたね」と告白。大勢のエキストラが参加した撮影に、滝明久役の有岡は「長澤さんが巨大化すると言えなかったので、現場ではかなりぼかした指示を出していましたね」と秘密裏での撮影を振り返った。

 そんな努力もあり、劇中では何とも言えない迫力と可笑しみのあるシーンになった巨大化。公開後にも反響は大きかったようで、長澤は「面白かったと言っていただいています。特にわたしがいつものわたしじゃない感じで出てくるシーンは、笑えたと言ってくださる方が多いです」と嬉しそうに語っていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT