ADVERTISEMENT

横浜流星「嫌いにならないで」 パブリックイメージ覆す熱演に反響

横浜流星
横浜流星

 横浜流星が24日、都内で行われた映画『流浪の月』(公開中)の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇。本作でパブリックイメージを覆す熱演で注目を浴びる横浜は、ある反響を耳にして思わずファンにお願いする場面があった。この日は、広瀬すず松坂桃李多部未華子李相日監督も来場した。

【写真】『流浪の月』激変の横浜流星

 2020年本屋大賞で大賞を受賞した凪良ゆうの小説を、『悪人』『怒り』などの李相日監督が広瀬すず、松坂桃李のダブル主演で映画化した本作。19歳の大学生・佐伯文(松坂)は、家に帰りたくないという10歳の家内更紗(白鳥玉季)を連れ帰り生活を共にしたことから逮捕され、互いに“被害女児”と“加害者”のらく印を押される。15年後、文は成長した更紗(広瀬)と思わぬ再会を果たす。

ADVERTISEMENT

 本作で横浜が演じるのは、更紗の現在の恋人でエリート会社員の中瀬亮。公開から12日が過ぎ、広瀬は「わたしの中で過去イチ多かった」という反響の中に、「流星くんのことを嫌いになりかけた」というコメントも多数あったことを報告。更紗を暴力で支配する恋人を演じた横浜は、役になり切ったことへの反響に「うれしいです」と笑みをこぼすが、「でも(亮は)僕ではないので、(僕のことは)嫌いにはならないでほしいですね」とお願い。広瀬が「『それくらい素晴らしい亮くんを見れた』『そうだよね』という話をよく友達としています」と尊敬の眼差しを向けると、横浜は安堵の表情をのぞかせた。

 横浜も多くから感想の連絡をもらっているそうで、「みんな全然違う感想が返って来て、それが答え。作品を観て、どう感じるのか、どう受け取るのかはみなさん次第だし、受け取ったものを大事にしてほしいと強く思いました」と心境を吐露した。

 Q&Aも行われ、作品にちなみ「子供の頃に諦めたこと」を問われた一同。松坂が漫画家を目指すも、姉から「絶望的に下手くそだね」と言われたことで泣きながら断念したことを明かす中、横浜は「ないです」と明言。「自分がやりたいことはやれと尊重してくれる家族だったので」と説明した。その後押しもあり、空手で世界一に輝いたこともある横浜だが、松坂から「空手以外だったら何をやりますか?」と質問が飛ぶと、横浜は「球技がマジでできないので、サッカーやバスケをやってみたかったです。引かれるくらいできないので……」と返答。松坂は「意外! 運動神経すごくよさそうで、実際いいだろうし、球技できないってすごく意外」と驚きつつ、発見したまさかの弱点に「ちょっとうれしくなりました」と笑顔を見せていた。(錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT