ADVERTISEMENT

実写『耳をすませば』新ビジュアル&場面写真が初公開

映画『耳をすませば』新ビジュアル
映画『耳をすませば』新ビジュアル - (C) 柊あおい/集英社 (C) 2022『耳をすませば』製作委員会

 俳優・清野菜名松坂桃李が主演を務める映画『耳をすませば』(10月14日公開)の新たなビジュアルと、場面写真が初公開。劇中歌は「翼をください」に決まり、原作者・柊あおいのコメントも披露された。

猫のムーンも!初公開の場面写真【5枚】

 原作は、1989年に柊あおいが少女漫画雑誌「りぼん」(集英社)で発表した同名青春恋愛漫画。読書が大好きな中学生の女の子・月島雫(つきしましずく)が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司(あまさわせいじ)に想いを寄せていく姿が共感を呼び、1995年、スタジオジブリがアニメ映画化したことでも話題に。そんな名作に、10年後のオリジナルストーリーを加えて実写映画化。漫画やアニメで描かれた中学生時代の物語と、完全オリジナルとなる10年後の物語が二重構造で描かれる。

ADVERTISEMENT

 大人になった雫を清野、聖司を松坂が演じ、中学生時代の雫には安原琉那、聖司には中川翼がふんする。監督・脚本は、『ツナグ』などの平川雄一朗が務める。

 今回公開されたのは、中学生時代の雫と聖司が自転車に乗って土手の上を走っているシーンと、10年後、二人が再び同じ場所に立ち、向かい合っている新ビジュアル。場面写真には猫のムーンの姿もある。

 柊は「『耳をすませば』を描いて33年、アニメ映画化から27年。映画を観て育ったスタッフの方々の熱い想いを伺って、『10年後の物語』という新しい切り口に興味を惹かれました」と実写映画化のオファーを受けた時の気持ちを明かし、「今、新たな実写映画が生まれて、すっかり原作者の手を離れて歩いているキャラクター達が不思議です。けれども、どんな世界を見せてくれるのかドキドキワクワク見守る思いは、やっぱり親なのでしょうね。思わぬパンデミックで暗い世相になってしまいましたが、この映画で少しでも世界が明るくなればと願っております」とコメントを寄せた。(清水一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT