ADVERTISEMENT

『シン・ウルトラマン』動員150万人突破!本編冒頭1分17秒&短編アニメ「ザ・ウルトラマン」を限定公開

『シン・ウルトラマン』オマージュたっぷりの冒頭映像より
『シン・ウルトラマン』オマージュたっぷりの冒頭映像より - (C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

 映画『シン・ウルトラマン』が公開2週間で観客動員数150万人を突破し、大ヒット御礼企画として、本編冒頭映像(1分17秒)と短編アニメ「ザ・ウルトラマン」が期間限定で公開されることが明らかになった。

【画像】メフィラス・山本耕史「プロテイン、私の好きな言葉です」

 5月13日に初日を迎えた『シン・ウルトラマン』は、人気特撮シリーズ「ウルトラマン」を、庵野秀明(企画・脚本)と樋口真嗣(監督)が映画化した作品。謎の巨大生物「禍威獣(カイジュウ)」の存在が日常となった日本を舞台に、防災庁の専従組織・禍特対(カトクタイ)こと禍威獣特設対策室のメンバーと、地球に降り立った巨人・ウルトラマンの活躍を描く。

ADVERTISEMENT

 5月27日20時から29日19時59分までの48時間限定で公開される冒頭映像には、日本に禍威獣が次々と現れ、日常化していく“前史”が収録されており、スピーディな展開の中にウルトラマンシリーズへのオマージュ&リスペクトが散りばめられている。

短編アニメ「ザ・ウルトラマン」 - (C)円谷プロ (C)カラー

 5月30日10時からは、伝説の短編アニメ企画「日本アニメ(ーター)見本市」より、短編アニメ「ザ・ウルトラマン」がウルトラマン公式YouTubeチャンネル(ウルチャン)で期間限定公開。「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」などの横山彰利が監督を務め、山寺宏一林原めぐみが声優を務めた。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT