ADVERTISEMENT

「鎌倉殿の13人」八重巡るまさかの悲劇に激震「無理…」

第21回「仏の眼差し」より三浦義村(山本耕史)と八重(新垣結衣)
第21回「仏の眼差し」より三浦義村(山本耕史)と八重(新垣結衣)

 29日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK総合ほか)第21回では、北条義時(小栗旬)の妻・八重(新垣結衣)がまさかの悲劇に見舞われ、ネット上では「つらすぎる」「涙が止まらない」「無理…」と悲しみの声で沈んでいる(※ネタバレあり。第21回の詳細に触れています)。

【写真】八重さんコール相次ぐ第21回場面写真

 本作は、鎌倉時代を舞台に、野心とは無縁だった伊豆の若武者・北条義時が鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)にすべてを学び、武士の世を盤石にした二代執権に上り詰めていく物語。前話「帰ってきた義経」では源義経(菅田将暉)が変わり果てた姿で鎌倉に戻ることとなり、罪悪感と喪失感から鬱々とする義時のその後が描かれた。第21回「仏の眼差し」では北関東を治める御家人・八田知家(市原隼人)から孤児を預けられる義時だったが、その子供はくしくも八重と頼朝の間に生まれた亡き千鶴丸と似た「鶴丸」という名だった。

ADVERTISEMENT

 事件が起きたのは、八重が三浦義村(山本耕史)と共に子供たちを川に連れて行った時のこと。目を離したすきに鶴丸が川で立ち往生した際、八重の脳裏にかつて父・伊東祐親(浅野和之)によって川に沈められた千鶴丸の記憶がよみがえったのか、八重は「千鶴……」とつぶやくなり川に飛び込み、無我夢中で鶴丸の救出に向かった。この知らせを受けた頼朝、政子(小池栄子)らは血相を変えて事に当たるなか、義時は父・時政(坂東彌十郎)と共に伊豆にいた。運慶が作り上げた見事な阿弥陀如来像を見上げて「ふと妻の顔を思い出してしまいました」と目を細める義時だったが……。

 前半では頼朝の嫡男・万寿(鳥越壮真/のちの源頼家)と、義時の長男・金剛(森優理斗/のちの北条泰時)の顔合わせがあり、政子、八重を交えた和やかな場面が続いていただけに、いきなりの悲劇的な展開が視聴者にショックだったようで、SNS上では八重の名前や悲鳴であふれた。

 放送後、ドラマの公式Twitterで公開された新垣のコメントでは、八重が起こした行動について「鶴丸と出会った瞬間は『(かつて失った息子の)千鶴丸と名前は似ているな』というようなことは思ったかも知れませんが、そこまで運命というものは感じていなかったと思います。でも、鶴丸が溺れてからのシーン、川のシーンでやっぱり千鶴丸と鶴丸がしっかり重なってしまって、周りが見えなくなるというか、千鶴丸が自分のもとから離れてしまったときに一瞬、八重の中で時間が戻ってしまったような感じだったのかなと思います」と回顧。

ADVERTISEMENT

 八重が恵まれない子供たちを預かる背景について、新垣は公式サイトでのインタビューで「千鶴丸のことは大きいと思います。残酷なことが続く中で時代が変わっていくことをひしひしと感じていたからこそ、『せめて子どもたちのことは守っていきたい』と願っていたのではないでしょうか。撮影現場自体もとてもにぎやかで、子どもたちの笑顔を見るのが八重さん自身の生きがいにもなっていたような、そんな気もしました」と思いを巡らせている。

 新垣にとって本作が大河ドラマ初出演、三谷脚本作品も初参加となった。八重は義時の初恋の人であり、義時は玉砕を繰り返しながらもいちずに八重を思い続け、第13回「幼なじみの絆」でついに恋を実らせた。

 なお、第21回には新キャラクターが続々登場。八田知家のほか義時の異母弟・北条時連(瀬戸康史)、天才芸術家・運慶(相島一之)、願成就院住職(緒方賢一)らも姿を見せた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT