ADVERTISEMENT

倍賞千恵子、81歳を前に「これからも精進」カンヌ出品主演作『PLAN 75』公開

命の選択を迫られる主人公を演じた倍賞千恵子
命の選択を迫られる主人公を演じた倍賞千恵子

 女優の倍賞千恵子が18日、都内で行われた映画『PLAN 75』の公開記念舞台あいさつに出席。6月29日に81歳の誕生日を迎える倍賞に、祝福の花束が贈られる一幕もあり、思いを語った。この日は倍賞のほか、共演者の磯村勇斗ステファニー・アリアン、本作のメガホンを取った早川千絵監督も登壇した。

【画像】倍賞千恵子・磯村勇斗ら登壇『PLAN 75』公開記念舞台あいさつ

 本作は、是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス『十年 Ten Years Japan』の一編を、監督の早川千絵が新たに構成したヒューマンドラマ。75歳以上の高齢者が自ら死を選べる制度「プラン75」の施行された社会で、選択を迫られる人々の生き様を描く。第75回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品され、早川監督が新人監督賞にあたるカメラドールのスペシャル・メンション(特別表彰)を受けたことも話題を呼んだ。

ADVERTISEMENT

 29日に81歳の誕生日を迎える倍賞は、早川監督から花束を贈呈されると「私の方こそ、(スペシャル・メンションを受けた)監督に差し上げないといけないと思っていたんです」と恐縮しながら「今月の29日で81歳になります。これからも精進してまいります。どうもありがとうございます」と笑顔を見せた。

 劇中で倍賞は、高齢で退職を余儀なくされ「プラン75」の申請を考え始める主人公・角谷ミチを演じたが、脚本を読み始めた時は「ひどい話だと思いました」と告白。「でも、読んでいくうちにどんどん惹かれていったんです。私自身、その頃、生きることとか死ぬことについて随分と考えていた時期で、一度監督さんにお会いしたいとお願いして、いろいろなお話をしました」と振り返る。

 早川監督との会話や、脚本を読み込むことで、「だんだんわかってきて。(演じる)角谷ミチさんの生き方に惹かれていった」と心境が変化したという倍賞は「『PLAN 75』に惹かれながらも、いただいた自分の命は大事にしないといけないって思ったんです」と話す。

 特にラストシーンに感銘を受けたといい「ラストシーンに惹かれたからこそ、お仕事を引き受けさせてもらった。最初の方を読んだだけだったら、受けるまではいかなかった。生きることをミチさんは大切にしているんだなって。命を全うして生きる人なんだなって思ったので、お引き受けさせていただいた」と出演を決めた理由を話していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『PLAN 75』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT