ADVERTISEMENT

福山雅治&柴咲コウのユニット、KOH+が9年ぶり復活!「ガリレオ」映画3弾の主題歌決定

KOH+再び!
KOH+再び!

 福山雅治主演のドラマ「ガリレオ」シリーズの映画化3弾『沈黙のパレード』(9月16日公開)の主題歌が、福山と柴咲コウによるユニット、KOH+の新曲「ヒトツボシ」に決定し、同曲が使用された予告編が公開された。KOH+は「ガリレオ」連続ドラマの主題歌を制作するために結成されたユニットで、9年ぶりの復活。福山がプロデュースと作詞作曲を、柴咲がボーカルを担当する。

【動画】KOH+の主題歌入り予告編

 KOH+は、ドラマ第1シーズン(2007)の主題歌「KISSして」をはじめ、映画『容疑者Xの献身』(2008)では「最愛」、連続ドラマ第2シーズン(2013)では「恋の魔力」と、物語に寄り添った楽曲を提供。映画化3弾となる本作で、天才物理学者・湯川学(福山)と刑事・内海薫(柴咲)のコンビが復活とあって、主題歌もまたKOH+しかない! と映画プロデューサーから福山、柴咲に改めて提案したところ両者とも快諾した。

ADVERTISEMENT

 先日行われたレコーディングでは福山が曲に手を加えて調整しディレクションし、柴咲が情感を込めて歌唱。福山は、柴咲の歌声、表現をイメージして作ったアテ書きの新曲に彼女の歌声が入ると、とても良かったと満足そうに笑ったという。

『沈黙のパレード』より湯川学(福山雅治) (C) 2022「沈黙のパレード」製作委員会

 本作は、東野圭吾の累計1470万部を超えるガリレオシリーズの6年ぶりの新作「沈黙のパレード」が原作。行方不明になっていた女子高生が数年後に遺体となって発見される事件、女子高生の住んでいた町で夏祭りのパレードの日に起こるさらなる事件が描かれる。福山演じる湯川学、柴咲演じる警視庁捜査一課の刑事・内海薫、そして北村一輝演じる内海の先輩刑事・草薙俊平が9年ぶりに再集結する。

『沈黙のパレード』より内海薫(柴咲コウ) (C) 2022「沈黙のパレード」製作委員会

 予告編は湯川&内海コンビの掛け合いから始まり、過去に完全黙秘を続けて罪を逃れた男・蓮沼(村上淳)と、新たに起こった事件に人生を狂わされた人々の不穏なやり取りなどが収められている。そして「実に面白い」という湯川おなじみセリフから、主題歌「ヒトツボシ」が流れると雰囲気が一変し、草薙が湯川の胸ぐらをつかむ緊迫感あふれるシーンも。飯尾和樹戸田菜穂田口浩正酒向芳岡山天音川床明日香出口夏希、村上淳、吉田羊檀れい椎名桔平ら、激昂し涙するキャスト陣が見られる。

ADVERTISEMENT

 福山、柴咲のコメントは下記の通り。(編集部・石井百合子)

福山雅治

 楽曲「ヒトツボシ」はシンガー柴咲さんに当て書した一曲です。歌入れを行ってみて柴咲さんの表現が吹き込まれると、楽曲に血が流れ柴咲さんしか表現できない歌世界が現れました。劇場版ガリレオ第一弾、『容疑者Xの献身』の主題歌「最愛」。その時も KOH+で担当させていただきました。その際の楽曲のテーマは、登場人物である石神の「決して報われることのない願い、その魂の鎮魂歌になれば」という思いで楽曲製作しました。今回も同様に登場人物の鎮魂歌として描きました。「いつか いつの日にか 君がわたしのこと 泣かずに思い出せるように 君の物語の邪魔しないように」「君が 誰か愛し 愛されますように 本当は少し寂しいけれど...」一見すると矛盾ある感情をひとつのサビの中に共存させました。一方向の感情だけではなく相反する感情が同居して初めて本当の感情になる。KOH+の作品づくりにおいては歌詞表現はその辺りをポイントに制作しています。今回、シンガーである柴咲さんの歌声と表現力が、人間が持つ苦しみや哀しみ、どうしようもない矛盾を、深く包み込んでくれています。楽曲「ヒトツボシ」、映画をご覧になってくださる皆様の心の深いところまで届くことを願っています。

柴咲コウコメント

 KOH+はガリレオシリーズから生まれたユニット。今回新たなレコーディングの際、訪れたプロデューサーが涙し聴いてくれた。彼らはガリレオシリーズをずっと愛し制作している人たち。『沈黙のパレード』の物語と呼応するようなこの曲が、同じくこのシリーズを愛してくださってる方々の心に深く届くと良いなと思う。

【主題歌KOH+】『沈黙のパレード』予告<9月16日(金)公開>【最新映像】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT