ADVERTISEMENT

ムロツヨシ、まさかの「ムロツヨシの日」認定に破顔「素敵なおバカプレゼント」

ムロツヨシ自身もびっくり!
ムロツヨシ自身もびっくり!

 俳優のムロツヨシが24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画『神は見返りを求める』の初日舞台あいさつに登壇。以前から6月24日を「ムロツヨシの日」と話していたムロに対して、一般社団法人日本記念日協会が正式に記念日として認定したことが明かされると、ムロは「素敵なおバカプレゼント」と破顔した。舞台あいさつには共演者の岸井ゆきの吉田恵輔監督も出席した。

岸井ゆきのがキュート!豹変前は…『神は見返りを求める』予告編

 本作は、映画『ヒメアノ~ル』『空白』などの吉田監督が、YouTuberという職業を通して、見返りを求めない男と、どん底のYouTuberとの歪んだ関係を描く。YouTuberの川合優里(岸井)と合コンで出会ったイベント会社で働く田母神尚樹(ムロ)は、再生回数の少なさに頭を悩ませる優里に同情し、彼女のYouTubeチャンネルを手助けする。人気が出ないながらも彼らは前向きに努力を続け、お互い良きパートナーになっていくが、あることをきっかけに二人の関係が大きく変化する。

ADVERTISEMENT

 公開初日を迎えたこの日、登壇するやいなや「今日はムロツヨシの日でございます。そんな日に、映画の初日を迎えられて嬉しいです」とあいさつしたムロ。実はこの日、ムロに対して、かねてよりアピールしていた「ムロツヨシの日」が一般社団法人日本記念日協会から正式に記念日認定されたことがサプライズで発表することになっていた。

 そんなこともあり、イベント後半に「ムロツヨシの日」が正式に認定されたことが告げられると、ムロは「この行動をした人は素敵なおバカさんですね。本当に嬉しい」と破顔。まじまじと認定書を見つめると「これを持って、同じく今日初日を迎えた『ベイビー・ブローカー』の舞台あいさつに行っちゃおうかな。ムロツヨシの日に公開を迎えた作品は、全部行っちゃおう」とノリノリに。

 終始作品を盛り上げるため、大はしゃぎしていたムロだが、撮影現場では、吉田監督が紡ぎ出した多面的な人物像を表現するため、静かに作品と向き合っていたという。吉田監督は「もともといろいろな顔をできる俳優というのは分かっていましたが、この作品では撮っていて『ここまですごいレベルなんだ』と感じました。表現があっているか分からないけれど、上質な台湾映画を観ているような。もはや品すら感じる演技でした」と大絶賛する。

ADVERTISEMENT

 岸井も、劇中でムロと喧嘩するシーンでは「逃げ出したくなるぐらい怖かった。純粋に『嫌な人だな』と思えるぐらい作品に入ることができました」とムロの熱演に感銘を受けたという。

 各方面から「ムロツヨシの代表作という声を聞いている」とおどけながら語ったムロ。「ここ数年、日本映画が元気になってきたと言われていますが、そのなかの一つとして自信を持ってお届けすることができます」と力強く作品をアピールしていた。(磯部正和)

雰囲気が一変…ムロツヨシ×岸井ゆきの『神は見返りを求める』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT