ADVERTISEMENT

橋本環奈、スタッフのために漫談披露!座長としての姿を共演者が絶賛

座長として常に現場を引っ張っていたという橋本環奈
座長として常に現場を引っ張っていたという橋本環奈

 橋本環奈が20日、都内で行われた主演映画『バイオレンスアクション』の公開記念舞台あいさつに登壇し、共演者たちから座長としての振る舞いを絶賛された。この日は、杉野遥亮鈴鹿央士馬場ふみか森崎ウィン大東駿介太田夢莉城田優高橋克典岡村隆史瑠東東一郎監督も来場した。

【画像】かわいすぎ!ピンク髪の橋本環奈

 本作は、浅井蓮次沢田新による人気コミックを基に、日商簿記2級合格を目指して勉強に勤しむ専門学校生の菊野ケイ(橋本)が、もう一つの顔である殺し屋と普通の女の子を両立する姿をコミカルかつスリリングに描いたアクション・エンターテインメント。

ADVERTISEMENT

 橋本は撮影を振り返ると、「口数が多いタイプじゃない人たちの集まりだったけどアットホームで、みんなずっと現場にいました」とにっこり。太田は「環奈ちゃんにひたすら笑わせてもらっていました。二人のシーンのカメラが回る直前まで面白いことをしてくださいました」と感謝する。シリアスなシーンだったため、橋本は「ちょっと迷惑でしたね」と反省するが、太田は「わたしがガチガチに緊張していたので一気にほぐれました」と明かし、「いきなりスパンと(オンオフが)切り替わるのでかっこいいなと見ていましたし、元気付けられていました」とその姿に敬意を払った。

 バラエティー番組で共演していた岡村も「本職の現場を見たことがなかったので、えげつないほど引っ張っていくな……と思いました。本来なら僕が現場を盛り上げる役だったと思うんですけど、震えて何もできなくて……。ただ黙ってついて行っていました。一番しんどいアクションシーンでも『しんどい』とか言わなかったし」と女優の顔に感心する一方、「ただ、帰るのだけはものすごい早かった」と暴露し、橋本を笑わせた。

 橋本は激しいアクションシーンを繰り広げた城田とのエピソードも披露。「何待ちかわからないけど、全員が気を遣いすぎて、みんなが(何かを)待っている状態で10分くらい進まない時」があったそうで、「優さんと一緒にスタッフさんを盛り上げるため、二人で漫談している時間がありました」と楽しそうに述懐していた。

 作品にちなみ、やってみたいアルバイトを尋ねられると、橋本は「クレープ屋さん。小さい時に、フードコートとかで生地を焼いているのを見るのが好きだったので、あれだけを永遠にやりたい」と希望。杉野は「ボールボーイ。楽しそう。選手にも近いし、ボールが飛んでこなかったら座っているだけでいい」とぶっちゃけ、会場の笑いをさらっていた。(錦怜那)

映画『バイオレンスアクション』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT